90才の父がパン焼き機を買う・・姉のトホホな話

姉からの電話でまた父(90才)の困っちゃった話。
通販好きの父ですが、今回はパン焼き機を購入したらしいです。

大量の粉(食パン15斤分)も一緒に頼んだらしい・・

案の定、パンを焼いて食べようという情熱は持続しません。

父は届いたパン焼き機を見たら、もう嫌になっちゃったみたいなんですよ。

スポンサーリンク

買い物依存症みたいですが、若い時からこんな性格。

例えば女房子どもが飢えてるのに、本革のソファーが届き大騒ぎになったことがあります。

うちは一家4人で夜逃げして、父の母(私の祖母)が住まう6畳一間に居候したあと、同じ長屋の物置を片付けて私が5才まで住んでいました。

花粉とかダニとかアレルギーがないのは、この時に養われた体質ではないかと思っています。

あはは!良かったです。

祖母はキャベツを父のツケにして、母はそれが払えず泣きました。

キャベツ1個で泥沼戦争なんですが・・

そこに届く本革のソファーって異次元すぎるっ!(笑)


父はそんな浮世離れした人なので「パン焼き機」もボケて買ったのではなく、本当にパンを焼く気な、ダンディな気持ちで買っているのだと思います。

それで・・姉の話。

「もうこういうの買うのよしなさいねっ!」と父と一悶着あって

「使わないから粉と一緒に持ってってくれ」
と父が言い、姉は自転車に積み持ち帰ったんだとさ。

その途中にあーでもない、こーでもないと考えた。

「パン焼き機」はあるから娘にあげようかな。

でも「ふすまの粉」なんて絶対美味しくできなそうだな。
美味しいパンを買った方が、どんだけ良いかしれないわ。

と、その時! 

なぜだかスルッと落として壊しちゃったんですと!

部品も飛んで、接着剤でも修復不可能だそうです。

あぁ・・・無情。トホホでやんす。

悲しい思い出がまたひとつ増えましたな。

お姉ちゃんガンバレ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク