よその家の住宅ローンいくら借りたのか解る方法

本日は人間性を疑われそうな
えげつないタイトルで恥ずかしいです。

個人情報、個人情報って言ってるけどこれどうなの?って話です。

スポンサーリンク

例えばお隣は住宅ローンをいくら借りたのか?って
知りたかったら、これ結構簡単に解ってしまいます。

不動産関係でお仕事されている方にとっては
日常茶飯事の業務かも知れません。

でも私にとっては、目からウロコな出来事でした。
訳あって一度だけ調べた事があるのです。

管轄の法務局に行って、土地の登記簿を調べるんですよね。
これは誰でも調べる事が出来るんです。
すると、その土地に抵当権がついているかどうかが解ります。

要するに、土地を担保にどこの銀行からいくら借りてるのかが
見た人に解ってしまうのです。
ただし住所と地番ってのが違うから、地番を調べるのですが
法務局に分厚い地図が置いてあり、それで調べる事ができました。

住宅ローンをくむ時って、頭金で足りない分を
土地を担保に借りる場合が多いと思います。
我が家も、そのやり方で住宅ローンを組みました。

登記簿にはこの時に銀行に借りた額がバッチリ書いてあります。
それが住宅ローンかどうかは解らないし、もしかすると
もう返済済みで、抵当権を抹消していないだけかも知れません。

でも、余裕で買ったのか借金まみれで買ったのか
みたいなニュアンスは、登記簿からドロドロ伝わってくるのです。

家主が前に住んでいた住所も書いてある。

私はそれを調べながら、こんな情報が他人に解っちゃって
良いんでしょうかね・・・とドキドキしました。

わけありの「わけ」ってのを、いつか書けると良いです。

つづきはこちらです
>>朝7時前の電話にドキッ!孫の発熱で孫保育で本日の予定はパァです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク