たかがカレーでトラブル、やっぱり同居って難しい!

トラブっちゃいました!やっぱり娘夫婦と孫との同居、難しいわー。

うんざりな気持ちで家を出て、娘夫婦と夫にLINE。

「お風呂も食事も要りません。◯子(娘の名)には悪かったわ。呑んで帰ります」

本日の内容、同居のトラブル話であります。

やっぱりねえ、って感じですかね〜(涙)
スポンサーリンク

同居トラブルの発端はたかがカレー

日曜日。

材料が揃っているから、今日はカレーが良いねと娘夫婦も合意。
そのタイミングで、ジャガ芋、人参、玉葱、カレールーを調理台に揃えておきました。

冷凍の肉を冷蔵に移して、そのことも娘に伝えたの。

娘達はその日は出かけないと言うし、私は2週間続いた孫の病時保育で体調がイマイチ。

平日は毎日私が作っているので、作ってくれたら良いなという気持ちがありました。

娘はリビングで工作っぽいことをしていました。 

それで私、静かな時間を求めて図書館に行きました。
午後3時半位のできごとです。

5時頃に帰ったら、何も始まっていなかった。

夕食の仕度は手つかずで、洗いカゴも昼の食器でいっぱいのまま。

娘はまだテーブルで工作っぽいことをして散らかっていました。

(やっぱり日曜も私が作るのか)と思い、お米を研ぎ、食器を片付け始めました。

ダンナもいつになったらお米研ぐのかなぁ、と思いつつ我慢してたようです。

その時「仕度するね」とひと声かければ良かったのですが、とにかくお米を研ぎ始めた私なのよ。

この時点でたぶん娘はイラッときたのだと思う。
今やろうと思ったのに・・ってところでしょうか。

娘が「まだ何もやってなくて」と言い、私の横に立ったので「それやってて良いよ」と言いました。

調理台をきれいにして5時15分位。
小さい子がいるから、6時くらいに仕度が出来ているのが理想です。

娘がジャガ芋をむき始めた。

でね、ここがトラブルのきっかけです。

「玉ねぎを先に切ってくれる?炒めてる間に人参、ジャガ芋を切れば?」

って娘に言ったのです。

私としては自分が玉葱を炒めるつもりだったのよ。

だって時間が押しているのですから。

そうしたら娘は、ジャガ芋のあとに人参を切り始めた。

あれ?って思ったけど私もう1度、

「玉ねぎを炒め始めちゃおうよ」って言ったのです。

すると娘。

切りはじめた人参をやめて玉葱を切り、ホーロー鍋に入れました。
続けて薄切りの解凍肉を入れました。

(え?ホーロー鍋で炒めるの?)って思った瞬間、鍋に全部くっついて焦げた。

ホーロー鍋で炒めものは無理だと思う。

酒とか入れて格闘するも人参の続きを切るのは無理な状態に陥り、一旦火を止める娘。

「私はいつも全部材料を切ってからやるのよ!」

そこに赤ちゃん孫が泣きながら足もとにまとわりついたので、抱き上げて2階に上がって行っちゃったんです。

何かプンプンしてる感じ。

・・・・・

焦げた鍋には炒め足りない玉葱と、まだ生っぽい所があるお肉。

私、続きをするためにフライパンにその中身を移して、玉葱を炒め始めたんだわ。

それで、薄切り肉はすぐ火が通り、バラバラになっていくので途中で鍋にもどしました。

そこに娘が戻って来て、私のやってることを見てもうカンカン。
以下、娘と私の会話です。

娘「それってひどくない?!」

私「え?なに?」

娘「なにじゃないよ!何も言わないでやり方を変えるってひどくない?!」

私「だって鍋焦げてるし、肉はそのまま一緒に炒めてたらバラバラになってひき肉みたいになっちゃうよ」

娘「それじゃダメなの?!子どもが食べやすくて良いじゃない!自分がひどいことしてると思わないの?!」

この時点で、私ゾッとしてフライパンを持つ手が震えてしまいました。

私「・・・なんかすごいねえ」

娘「すごいのはそっちじゃん!私には私のやり方があるんだよ。先に玉葱切れとか言わなくてよくない?」

私「でもホーロー鍋は焦げちゃうよ」

娘「だから酒とか入れてやるんだよ、私はいつも鍋ひとつで作るの!」

私「あぁ、じゃあ戻すね。」

ビックリして鍋に玉葱を全部戻して隣室に入り、襖を閉めました。

もうね。

食卓を囲んでカレーを食べる気なんてしないし。

リュックに財布、メガネなど入れて家を出てしまいました。

そんでもって6時前にLINEした。

「お風呂も食事も要りません。◯子(娘の名)には悪かったわ。呑んで帰ります」

ユニクロでパンツを買い、いざスーパー銭湯へ。

娘からLINE届いたけどさ。

「お母さん的にはそんなに悪気はないことはわかりました。親子なので、嫌なことは嫌と言ってしまってごめんなさい。」

この文章も何だかねえ。

私が嫌なことをしちゃった感が満載で落ちる。

それにしても何だこの喪失感は・・・

スーパー銭湯にゆっくりつかり、美味しいものを食べ、夜遅く帰り、家でビールを飲んで寝ました。

その翌日から、やる気が失せた私。
翌日の朝食は至れり尽くせりの配膳をやめました。

朝の忙しい時間に赤ちゃん孫のおしぼりやエプロンを揃えたり、飲物を出したり、孫の水筒に麦茶を入れたり、知らんわ。

娘はバタバタしてましたね。

娘家の洗濯物も畳まないことにした。
ここ数日、多少よそよそしい感じで暮らしています。

どうぞブログがバレません様に。

同居のお話をまとめています
>>「 二世帯同居問題 」 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. はなこ より:

    こんにちは
    長文で失礼します

    気持ちとっても分かります。わたしも最近娘とのバトルがありました。

    ウチは別居していませんが、たまに来るとはっ⁉️と思うことあります ウチの娘は親にして貰う事は当たり前と思っています。おまけに 洋服やその他こだわりがある方でムヅカシイ所があり、時々面倒だなぁ〜と感じることが多々あります 。なので結婚前からバトルは度々!
    救いは同居の可能性は無いということです。みみこさんの喪失感まさに今の私です、私の気持ちを分かって貰えない主人に対しても腹が立ちます
    本当に、適度な距離でお互い甘えない、期待しないこれが一番ですよね!とても努力が必要ですが、、、
    みみこさんのブログを読ませていただき、少し救われた気持ちです
    これからもまた拝読させて頂きたいです。よろしくお願いします

    • みみこ より:

      はなこさんへ
      こんにちは。暑いですね。
      ドロドロした気持ちのままに記事を書いてしまいましたが
      共感コメントをいただき、こちらこそ救われました。
      私は只今同居5ヶ月ですが、何があっても同居の生活は続くので
      翌日何事もなかった様にバタバタ暮らしています。
      うちも夫は甘いですよ〜
      お互いなにか癒しを見つけて元気にいきましょう。
      コメントありがとうございました♪

  2. ももこ より:

    ご無沙汰しています

    なんか娘さん一家との同居も大変ですね~
    平日の家事分担、休日の家事分担はやはり決めた方が良いと思います・・・

    みみ子さん、普段シャキシャキだから娘さんどんどん甘えてきちゃいますよね
    孫ちゃんのこと『可愛いと思ってるんだから何でもやってくれるよね!』
    みたいな

    お互い
    『まぁ!いいか~』と細かいところは『気にしな~い』と
    割り切って生活するしかないんですかね・・・

    正直、ご主人さまと二人が一番楽チンでしょうけど
    ゴリくん(失礼!)がゆくゆく、自分たちが面倒みます的な
    嬉しいことを言ってくれてるんだから
    ここは一つ忍耐ですかね~

    なかなか、コメントできませんが
    いつも読ませていただき元気がでます

    とくに、ご夫婦の旅行記事が大好きです
    またお出かけされたらアップしてくださいね

    梅雨に入って肌寒い日も多いですね
    体調管理に気をつけてお元気で!

    • みみこ より:

      ももこさんへ
      こんにちは。
      いつも見守ってくださりありがとうございます。
      今日は娘が仕事で、夫とゴリ君と孫でまったり・・
      我が家の平和を取り戻しています!(笑)
      お昼はおむすびを作りました。
      夜はゴリ君と相談して、ハンバーガーでも買っちゃおうか!
      ボク全然良いですよ!!なんて話しています。
      もともと、娘夫婦に頼る気はありませんが
      お互い幸せになれるよう同居の方向を見極めたいです。
      孫が成長するにつれ、見直す時期が来るような気がします。
      夫とまた旅行に行けると良いです♪
      ももこさんもお元気で。
      何処か行かれたら、教えてくださいね。

  3. わんわん より:

    同居も、食事だけでも別ならどれだけ気が楽だろかと夫に何度も愚痴たことか
    でも、同居していると感謝することはいっぱいあるから我慢かな
    ある程度、心の距離をおいて私らは私ら、若い人は若い人でって
    やらないとストレスがたまっちゃいますよね。
    「まあ、いいっかぁ~」でこの頃図太くなりました

    • みみこ より:

      わんわんさんへ
      こんにちは。
      夫と2人の時は「たまには外で食べたいわ!」なんて思っていましたが
      いまや何でも良いから2人になりたい(笑)
      こんな日を重ねて、同居もだんだんと免疫力がつくのでしょう。
      私も頑張ります。
      コメントうれしいです♪ありがとうございました。

  4. サクラママ より:

    みみこ様 こんにちは
    毎日家事や子育てやその他お父様の事いろいろされてて、えらいなぁ〜って感心してます。

    本当の母娘だから言いたい事言うのかなぁ〜って思ってたけど、娘さん一家と同居されるようになって、娘さんに愚痴って無かったですよね〜
    でも、毎日、家政婦のみみこちゃんになってますよ。
    家事全部してあげてるんですよね〜

    娘さんが安心して仕事復帰出来るのもみみこさんのおかげだし、核家族の働いてるママよりも、家事や育児も楽させて頂いてると思いますよ。
    娘さんもそれはもう充分感謝されてると思いますよ。
    ただね。実の親子だから、いつも、ありがとう。って言えないけど、言ってもらったら嬉しいし、又頑張れますよね〜

    家事分担 必要ですよ。
    娘さんがお休みの日のご飯作りは話し合ってするとか、みみこ様も家事お休み日を週に
    1日くらい取るとかしないと、疲れますよ。
    みみこ様はきっとシャキシャキなんで、
    娘さんの行動にイラッってくるかもしれないけど、そこは目をつぶって、我慢して下さいね。
    もし、みみこ様が家事全部してあげるなら、その分娘さんからお小遣いを頂くとか、でもそれを娘さんからみみこ様に話して欲しいですよね〜
    本当の親子だからぶつかっても修復出来るからいいですよね〜
    息子2人の私はみみこ様が羨ましいです。
    でも主人との2人暮らしは気楽ですね。
    blogいつも楽しみにしてます。
    これからもずっと応援してます。頑張って下さいね〜

    • みみこ より:

      サクラママさんへ
      こんにちは。
      良い時期でした。
      これからは前のmnsさんコメントでいただいた
      「干渉しない、甘え過ぎない、程よい距離」を心がけていこうと思います。
      思えば娘とは、良い感じで暮らしたことがないのかも知れません。
      家のことを何もしていなかったし、言えば怒るしの繰り返しだったかも。
      そのことを忘れていましたよ。(涙)
      でも育てたのはこの私・・とほほでやんす。
      あの日からやる気はイマイチ回復しておらず。
      箸なんかジャラッとテーブルに置いたら、娘ビックリして並べていました。(笑)
      温かいコメント応援、本当にありがとうございます。

  5. msn より:

    わかります〜同居してって本当に難しい。
    実の父と7年同居し、ついに同居解消することになりました。
    うちも別の意味でカレー問題がありいまだにカレーは辛さの違う鍋が2つ用意します。
    筆舌にし難い苦悩が続いていました(~_~;)
    ヒトは甘える生き物なんだと思います。いつのまにかそれを当然と思い感謝されないという虚しさ。
    干渉しない、甘え過ぎない、程よい距離が必要なんですよね・・・

    • みみこ より:

      msnさんへ
      こんにちは。
      うちとタイプはちがうけどカレー問題ありましたか・・
      わ〜同居解消!その段取りもまた大変そうです。
      「干渉しない、甘え過ぎない、程よい距離が必要」って
      ズバリその通りですね!心にとめて過ごしたいです。
      コメントありがとうございました。