エンディングノートにデジタル遺品の情報記入ページもありました

最近デジタル遺品のことが話題になってきましたがご存知でしょうか?
私もパソコンの中にデジタル遺品なるものがたまり気になってきました。

デジタル遺品とはパソコン内のデータや口座などのこと。
このブログもデジタル遺品ってことになるのでしょうか。

それぞれにパスワードがあり自分でも判らなくなってしまいそうです。

後々パスワードなども家族が判るようにしておかないと本当に迷惑ですよね。
実家の父が年中パスワードが判らないと言うので手伝っています。

私が持っているエンディングノートには、携帯電話、パソコン、ホームページのIDを書けるページがありました。

エンディンノート

でも「悪用される恐れがあるのでパスワードは絶対に書かないように」となっています。

アカウントとパスワードを一緒に書いちゃダメってことですよね。
それはキャッシュカードに暗証番号を書くのときっと同じ事になるのでしょう。

後々エンディングノートに書いたIDと、別に記録したものを見合わせて判るように出来れば1番良いと思っています。

私は今のところそれほど価値あるものがないので一緒に書いちゃっています。

エンディングノートは他のノートと紛れて判らなくなる事がないので助かっています。

加入保険の内容や連絡先、お付き合い友人関係の連絡先など、家系図など書き込むページもあります。

こちらで資料請求したら無料でついてきました。
↓ ↓ ↓

こういうものをお勧めするのって不謹慎かなぁ〜と思ったのですが、最近気持ちが変わってきました。

終活を真剣に考える事が多くなりエンディングノートはそのアイテムの1つです。

無料でいただければ好都合だし、お葬式の資料はいざという時の手がかりになりました。

葬儀社とわからない封筒で届き怪しいことは何もありませんでした。
当たり前ですが営業される事もないのでお気軽に申し込んで大丈夫です。

資料とノートをもらったお話を詳しく書いています
↓ ↓ ↓
>>無料の資料請求でエンディングノートがもらえます

エンディングノート付きの資料を請求される方はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓

つぎのお話はこちらです
>>ポーラの10月号化粧品サンプルが届きました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク