身辺整理とエンディングノートをもらった話

葬儀の資料請求をしたらエンディングノートが入っていたお話です。
入院した母を送る日のために資料を取り寄せましたが実際には間に合いませんでした。

もっと早く取り寄せておけば良かったなぁと後悔しています。

スポンサーリンク

50代後半の今から身辺整理をしなきゃと実感

今年は施設に入った叔母(母の姉)のアパートをたたむ予定。
姉と2人でこれをしなければなりません。

生活していたままの1部屋を空っぽにするって精神的にも参りますね。
最後には、業者に頼むのでしょうが・・・

だけどこれ、いつかは自分の事になるのです。
身体が動くうちに身辺整理をしておかないとダメだとわかりました。

粗大ゴミ

「エンディングノート」を書こうと思った

保険や貯金、銀行引き落としなども家族が解る様にしておかないとなりません。
以前何かしらにメモした記憶があるのですが分らなくなりました。

そこで特別仕様の「エンディングノート」が欲しくなりました。

「エンディングノート」を書こうと思い東急ハンズで見たら2000円もしていました!

売り場でどんな事書くのか中身だけチェック。
やはり普通のノートで良いやと相変わらずセコいです・・・

そうこうしているうちに母が急に入院してしまい
「エンディングノート」の事は一時おあずけ。

そしてまだもう少し先と思っていた親の旅立ちを見送りました。

親おくりのことは別ブログに書いています
>>一日葬の親おくりと主婦の終活

資料に「エンディングノート」が入っていました

葬儀社の資料を2つ申し込んでいましたが葬儀の後で資料が届きました。

ようやく落ち着いたので資料を良く見たら一方に「エンディングノート」が入っていたのです。

エンディンノート
なんだこれ丁度良いです。正直うれしいです。使います。

サイトを見ると資料請求したらもらえる事になっていました。

資料請求の段取りなど詳しいお話はこちらです
>>無料の資料請求でエンディングノートがもらえます

封筒は葬儀資料とわからないようにポストに届きます。

資料請求しても当たり前ですが営業されたりしません。
葬儀屋さんて営業できないですよね!

勧誘できる業界ではないので、資料を請求しても電話1本ありません。

小さなお葬式の資料にエンディングノートついてます    ↓ ↓ ↓

「その日」が来たらいきなりとても忙しいです

葬儀について考えること自体タブーなのでしょうか?
でも「その日」が来たらいきなり忙しいです。

まだ早いと思わずに資料の請求をしておかれると良いと思います。

資料が届くまでは1週間位かかりました。
何の資料でもそうですが2つ以上あると違いがわかりますね。

私の請求した資料は「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」の2つです。
  ↓  ↓  ↓
小さなお葬式の資料請求サイトへ
(こちらにエンディングノートが付いています)
イオンのお葬式の資料請求サイトへ

次のお話はこちらです
>>川越でお茶する時の穴場をお教えします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク