父の転院の件で姉と仲間割れしそうになる

父の転院先を3カ所見学しました。
その中でここなら、と気に入った所があったのです。

姉と話してそこが良いと共通認識したとばかり思っていましたが、これが違っていたのでした。

父の転院日程が決まったと連絡があり、その内容に驚きました。


スポンサーリンク

姉からの連絡に驚き、仲間割れしそうになる

「A病院は待ち人数がありすぐに入院できないので、一旦B病院に転院してくださいだって」

「◯日に転院になったよ」

という姉からの連絡に驚く。

私は今までソーシャルワーカーにも主治医にも、次の転院先が決まるまでは、入院しておけると確認してきました。

その度に「もちろんそれは大丈夫です」とのお返事をいただいていたのに、何のための確認だったのよ。

姉が「A病院に転院したい」とはっきり伝えれば良かったのにと思うのだ。

「A病院でもB病院でもどっちでも良い」と言っちゃったそうです。

B病院は、とりあえず空いている病棟に受け入れてから移動するやり方。
差額ベットが発生しない病室が少なく、一旦入ってから大部屋を待つ方も多いとか。

1日3000円位の差額ベッド代、保証金は20万とのことで、私は少し愛が足りない気がしています。

父の余命は誰もわからない。
今は貯金で賄えるとしても、何ヶ月もA病院が空かなかったら貯金は減る一方だ。

そんなことを姉に言い、父の事で初めて仲間割れしそうになりました。

「A病院が良いですと言えば良かったのに!なんで?!」
という私に

「だって車の中で電話受けて、その時はそんなことまで思いつかないわよ!」
姉もややキレ気味になりました。

見かねた義兄に「あの病院には長くいられないんだからしょうがない」といさめられ、私がこれ振り出しに戻したら、姉家とマズくなりそうです。

ソーシャルワーカーからいただいた電話で即答しないで欲しかったけど、姉が窓口だったんだからもう仕方ない。

それで父に転院の説明をするのは私に委ねられました。
姉の言うことを父は聞かないのです。

姉の話し方はケンカ腰に聞こえるので、たぶん途中でキレます。

なので私が言う。
2度も病院変わったら、またせん妄が起きないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク