91歳の父が転院〜何が何でも3ヶ月で退院せよに泣く

こちらのつづきです
>>父の介護認定調査(更新)が終わり結果待ちです

父はやはり転院の運びとなりました。
前もそうだったように救急病院に長くは居られなかったです。

父の今までのお話はこちらに書いています
>>独り暮らしで高齢な父が入院した後のできごと

次の病院は3ヶ月で何が何でも出てもらいます

今の病院のソーシャルワーカーさんから転院するよう連絡を受けたと、姉から電話をもらいました。

その際「次の病院は3ヶ月で何が何でも出てもらいます」と言われたとかで
姉は「そんな言い方ないでしょう!」と憤慨したそうです。

救急で入院してから18日目の転院になりました。

次の転院先が全く当てがなければ、もう少し長く居られた気もします。

入院1週間目の担当医との面談で、転院するなら以前入院していた◯◯病院が良いと思い伝えていました。

病気が治ったのではなく、内科的な治療がもうできないということだから、仕方ありません。

動脈瘤もいつ破裂するかも知れないし、心臓もいつ止まるかも知れません。

むしろそれを願ってしまう自分が怖いです。
母の時の様に苦しまずに、何の言葉もなく、静かに終わって欲しい・・(涙)

スポンサーリンク

父の醜態から自分の老後を学びたい

父は前に入院した事のある割と気に入っている病院に入れました。

そのことは良かったです!

でも今度は、前よりリハビリに力を入れる病棟なので、朝から着替えをして1日を通してリハビリにつながるような生活をするそうです。

転院の朝は着替えをするのも容易でなく、それさえ私達姉妹のせいにして悪態ついていましたが大丈夫でしょうか。

会う度に嫌な思いをするので、病院に行く気がしませんが、放っておく事も出来ないです。

身体が動かなくて口だけ達者で、みんな人のせいにする父。
勝手な事ばかり言っています。

「家に帰って歩けなくなったのは、老健で平らな所ばかり歩いていたからだ」

「あそこは最低だ」

「デコボコ道を付き添って歩くような訓練をしてくれないからダメなんだ」

この父の醜態を心に刻んでおくことが、自分の老後に絶対役立つと思っています。

親に似たくないと思いつつ、こういう所が似ているのかも?と感じる時には気をつけなくちゃ。

私がいつか父の様になったらデジャブで引き返せます様に!

また3ヶ月内に次の手を考えなければなりません。

父のお話をまとめています
>>高齢で一人暮らしの父・実家一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ユーミン より:

    こんばんは。
    うちの父も救急車で運ばれ入院したときも、3日目あたりから、次はどうするのか、考えているのか
    と矢の催促。結局
    高額な老人ホームに入らざるを得ませんでした。それまで要支援2だったものですから、老健にも入れません。
    新しい介護認定が届くまで待ってほしいと言ってもだめでした。新しいのは要介護3
    でした。
    うちの父も全く同じで、ここに来たからますます歩けなくなった。こんなところ悪くなるばかりだ
    と耳を塞ぎたくなります。
    今まで自分の父だけかと思っていたら、みみこさんのお父様も同じでらっしゃる。
    と言うことは、年齢がさせているのかな?と
    気持ちがちょっと落になりました。

    • みみこ より:

      ユーミンさんへ
      そうですか!同じですか・・
      愚痴みたいなことを書いてすっきりしないのですが
      私も気が楽になりました。
      そう言えば以前友人に父の浪費のことを話してみたら
      その方のお父様も全く同じサプリメントを購入されていて驚きました。
      皆同じことをするのかなぁ〜、
      お互いモヤモヤを抱えた毎日ですが元気でいきましょうね。