ポーラのグローイングショット〈カラートリートメント〉を使った感想

生え際の白髪を月に1度のカラーリングで隠しています

グローイングショットのカラートリートメントで生え際の白髪ケアをしました。

生え際の白髪が気になり1ヶ月に1度のカラーリングを繰り返しています。

私の髪はパーマとカラーリングのダブルダメージを受けているので、最近は美容院でたまにトリートメントもしています。

白髪ケアとトリートメントが一気に出来るポーラのカラートリートメント・グローイングショットを購入してみました。

カラートリートメントグローイングショット

敏感肌なのでパッチテストもしておきました。
かゆみも赤みも出ずに大丈夫!

いつでも出来ると思って油断したら白髪が白線を引いたみたいに出てしまいました!

やだ~(恥)

わけめに白髪

ごめんなさい、見たくなかったですよね。
自分さらけてみましたよぉ・・・(涙)

グローイングショットのカラートリートメントには手袋が付いていましたが、チューブから手のひらに直接出して素手でやってしまいました。

トリートメントだしって、ナメてかかったらこんな手になりました。

カラートリートメントで黒い手

その後石鹸で洗ったらきれいに落ちました。ホッ♪

トリートメントというよりヘアカラーと思って使った方が良いです。

生え際に色を入れるのは難しかった

グローイングショットのカラートリートメントで生え際の白髪ケアが出来ると思ったのですが実はうまく出来ませんでした。

割と固めのクリームで伸びが悪いんです。

漠然と全体に行き渡らせることは出来ても、生え際のリタッチ的な塗り方は難しかったです。

ヘアカラー用のブラシやくしを使って、髪を分けながら塗らないとダメかも。

サロンドプロのブラシ

こちらはサロンドプロのヘアカラー に付いていたカラーリング用のブラシです。
これ1本で髪を分けたり、クリームを塗ったり出来てすごく使いやすいです!

私は指で塗ろうとしたので爪の中が汚れました・・
ブラシの使用をおすすめします。

グローイングショットの色は黒と茶の2種類で、私は茶色を選びました。

黒い髪にかぶせた所は気になりませんが、白髪に入った茶色はちょっと明るすぎて不自然になりました。

色は塗り重ねるうちに濃くなるそうです。

茶色すぎる髪

色はイマイチでしたが髪はツヤツヤで指がするっと入ります。

髪のダメージを補修して艶やかな髪にすることは出来そうです。

カラートリートメントはこんな人におすすめ!

グローイングショットのカラートリートメントは、私のように白髪の量が多く生え際のリタッチに使うのには適していないと感じました。

でも白髪がまだらにある方にはおススメです。

少しの白髪のためにカラーリングで髪の艶を失ってしまうのはとても残念です。

カラートリートメントは艶やハリが保てるしメッシュ効果が出てオシャレになると思いました。

私は40代前半の頃にはカラーリングではなくヘアマニキュアをしていました。
美容院で髪が痛まないからとおすすめされたんです。

あの頃にこういうカラートリートメントがあったら良かったなぁ〜と思いました。
 ↓ ↓ ↓
カラートリートメントグローイングショット

つぎのお話はこちらです
>>私の出産里帰りで「甘えちゃダメ」を学んだ分「甘えて良い実家」を目指している

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク