生命保険の掛け捨て(なんと17000円)特約部分を見直ししました!

生命保険見直し遅すぎた?月17000円掛け捨て!

夫婦ともに生命保険がもう少しで満期です。

子どもが自立するまでは高額の保障が欲しいので、ダンナの死亡保険は3000万で加入していました。
1000万が終身保険、定期特約分が2000万です。

私達の時代にはこのように終身保険部分が小さく、定期特約分が大きい保険が主流だったかと思うのですが月に17000円掛け捨てです!

すんごい額ですよね。年に204000円。
20年で400万以上掛け捨てたことになりますね。

その分、貯金すれば良かったとか、もっとこうすれば良かったとか後の祭り。

加入した時には貯金もないから、ダンナがもしも亡くなった時に即効フォローできる手だてが欲しいわけです。

自営業で収入が安定せず、貯金も無いうちの様な場合、とりあえず月に17000円払えれば、いざと言う時に大きな保障というのは価値がありました。

義弟のこともあったので、心の安全のために継続していたのです。

義弟のお話はこちらです
>>生命保険では足りなかった教育費がかかる時期のリアル

定期保険特約を解約しました

外資系の保険への乗り換えもせずに、満期が目の前になりました。

子どもも自立したので、特約はもう必要ないかな。
子ども達にも、親のすねにはもう栄養がない事を話して2000万円の定期特約を解約しました。

知恵があれば、もっと早く無駄しない方法があったのかも。

今は保険のビュッフェなど無料相談できる場所があちこちにあるので、満期まで時間のある方は相談されると良いですよ。 
娘夫婦は相談したら無料で勧誘されなくて、話も判りやすくて良かったのですって。
1日2時間で聞ききれず、更にもう1日予約して4時間も話を聞いてきたそうです。

その上で1番納得出来る学資保険、生命保険などに加入したそうです。

うちで加入している保険会社も、娘家族のプランを持ってきました。

でも私達には保険の落とし穴を見抜ける目がありません。
「これが良い!」と娘達にすすめる自信がなく資料を渡しただけで勧めはしませんでした。

娘は私達のこういう抜けたところ、よ〜く分かっているようです。

子どもが2人になったので、また無料保険相談に行くんだそうです。
お金のことだと凄いまめでビックリ!

娘のこういうところ見習いたいです(汗)

保険のビュッフェ無料相談の詳しい内容はこちらでどうぞ
↓ ↓ ↓

 

つぎのお話はこちらです
>>ポーラから届いたサンプル〜2016年まとめ〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク