再び実家の売却活動をスタートしました!

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>老後のお金を得るためにも実家売却を頑張ろうと思う

実家の売却活動が滞っていましたが、再びスタートしました!

スポンサーリンク

実家の売却活動ストップの理由

実家の売却が滞った理由は、最初の仲介担当者「ガッツ君」が異動になって、
あとを引き継いだ「ノビオ君」への不信感がつのってしまったからです。

売買契約当日のドタキャンや、契約キャンセルの連絡がメールだけってどうなの?
>>実家の売却で不動産仲介業者に選任媒介契約を更新しないと伝えた

メールですが
それがなにか?

契約日の持ち物にも不安・・・
>>ついに実家を売ります!契約の日の持ち物は?うそだぁ、ホント?

持ち物少ないけど
それがなにか?

何となく怪しさを感じてしまい、仲介契約を更新せず売却活動がストップする事態となりました。

でもその後にどうしたら良いか解りません・・
リフォームなどもホントそうですが、結局担当者次第なんだわよ、と思うのです。

スポンサーリンク

異動したガッツ君に電話してみた

悩んだ末に、ここはぶっちゃけガッツ君に電話で相談してみました。
そうしたらこれまでの事はあらかた伝わっていたんです。

ノビオ君が連絡していたんですね〜
そのことは良かったです!

そこでこんな提案がありました。

できればもう1度
売らせていただけませんか!

ガッツ君は異動先が管轄外なので担当出来ないが、
ベテランの担当者を選任して一緒に挨拶に伺いたいということでした。

営業ってこれでなくちゃダメですよねえ。

先日、ノビオ君が鍵を返しにきた時にこれ言ってほしかったな。
玄関でお茶でもって言ったのに

いえ、いいです・・・

って断わるんかーい!(涙)

スポンサーリンク

契約時の持ち物は私の誤解もありました

ガッツ君と一緒に現れた新担当者は千葉雄大くんに似た大層イケメンな方でした。
「チバ君」はなんとガッツ君の弟さんです!

それで今回怪しいと思っちゃった契約時の持ち物について教えてもらいました。

そうしたら売買契約当日の持ち物は、本当にこの2つだけで大丈夫だったみたいなんです。

・認め印
・印紙代1万円

え〜!って感じなのですが、これ間違いではなかったのです。

でも全体的な説明が不足だったことを一生懸命謝ってくれました。

私にしてみれば・・
最初の手付金契約は「仮契約」と呼ぶのがピンとくるんです。

「仮契約」って死語でしょうか。

みみこ
みみこ

それって仮契約ですよね?

いえいえ、本契約ですよ!
大丈夫ですか?

このやり取りで私の誤解が生じてしまったのです。
もう少し詳しく教えてくれれば良かったのに〜

実はこんな流れだったそうです

契約売買当日は認め印でも可能な書類契約
手付金の受け渡し
領収証や他の書類は仲介業者が揃えている

引き渡しまでにお互いの準備
私の方は測量、片付け等、向こうはローン審査など

決済日には実印や登記簿謄本など色々必要

※上記は実家の場合でして、取引物件の担保が抹消されていなかったりすると内容が違うそうです。

ともかく新担当者チバ君のもと、実家の売却を再開できました。
決済日の詳しいお話などが早くできると良いです。

ここまで書いた所で、チバ君から連絡あり!
「本日ご案内が1件ありました〜」だって。

みみこ
みみこ

おぉ!

GDP急減やらコロナウイルスやら経済的に良い要素もなく、
簡単には売れないと思うけど希望を捨てずにいかなくちゃ。
最後までどうぞお見守りください。

実家じまいのお話をまとめています
>>【体験メモ】築35年の空き屋になった実家を売却するまで

コメント