父は寝たきりで「服が重い」のですって

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>入院中の父の行き先〜老健から返事が来ました

高齢で独り暮らしの父(91)が入院していて、間もなく老健に移ります。

老健とは「介護老人保健施設」の略です。

父は入院中の4人部屋で全員に風邪が移ったそうで、発熱してから更に体力が落ちた様子です。

リハビリもベッド上でのマッサージ程度になってしまいました。

スポンサーリンク

寝たきりぽくなった父に違和感あり

「お父さん何か変・・とにかくベタッと寝てるんだよぉ」
姉から電話がありました。

弱ってるのか聞いたら、口が達者だから分らないと言う。

その話が気になって翌日面会に行ったら、本当に寝たまんまでした・・

今までは面会時には介護ベッドの背中を起こしたり、足を降ろして座ったりして話していたのです。

「本当は1人で歩けるけど周りがさせてくれない」とか言っていた父が、背中を起こすこともなく本当に寝たままになっていました。

でも相変わらず口だけは達者であきれた。

「こんな重いズボンはいた事ねぇよ」

「何か頼んでもまったくセンスが悪くて(姉と)噛み合ないよ」

姉が用意した冬物のジャージパンツが、厚地の綿なので確かに重いのです。

それでもって、本当にセンス悪いと思うけど(涙)そこは我慢せよって話よ。

スポンサーリンク

帰宅願望が大きい父の提案にビックリ!

姉からは報われない!と嘆かれるし、父は口が悪くて人を傷つけるし、自分も気をつけないと父をやり込めるタイプだし、良いことなしですわ。

案の定「次の所にはどの位いるの?」って聞いてくる。

(もう家は無理でしょ?いいかげん自分でわかってよ!)

呑気な質問にヒュ〜っとなりながら
「体調次第だからわからない」
「とにかく家でお世話出来る人がもう見つからない」みたいな返事をしました。

すると父からビックリな提案が飛び出しました!

ハローワークに行って自分を世話してくれる人を1人見つけてくれ、だって。

ついに私も言い返すはめに。

「なに言ってんの?介護保険の1割負担で10万かかったとすると、本当は100万かかってんだよ。」

「ハローワークでそんな殿様みたいな介護が頼めるなら、みんなそうしてるよ」

まったく。

ベロアのパンツ

とは言え、こんな会話が最後で死なれてもイヤですねえ。
かと言ってまだ先が長いのか知れないのもイヤですねえ。

とりあえず準備する事は山ほどあり。

上下5セットの服に全部名前をつけなくちゃ。

季節も変わりましたし大変。

前に私が見つけたパンツが具合良かったそうなので、色違いを買って名前付けました。

本当は綿が良いのですが、ポリエステルで致し方ない。
ベロアは埃が付くから、姉からクレーム出そうだな・・

夜は録画しておいた「お笑い」観て一杯飲んで寝よう。
本日は孫保育もしております。

 

父の経緯はこちらにまとめています。
>>独り暮らしで高齢な父が入院した後のできごと

コメント