風水害被害でもしも家が壊れたら片付ける前にすること

スポンサーリンク

追記:台風から一夜が過ぎ水害の大きさに心痛みます。
「写真を撮っておいた方が良い」という内容を書いていますが
それどころではない光景もあり、記事内容とそぐわない点ご容赦下さい。

火災保険で家の修繕ができるかも知れません

うちは自然災害で火災保険を使った体験があります。
保険など何も気にせず片付け作業をせっせとしていたのです。

でも、後から火災保険が請求できると判り片付ける前にやっておけば良かった!ということがありました。
風水害は日々各地で起こりうるので、これからの備えとして読んでいただければと思います。

火災保険に入られている方は、家の損傷が保険で直せるかもしれません。

スポンサーリンク

住宅総合火災保険は天災や事故などにも使える

火災保険を「火事の時の保険」って思っていらっしゃる方も多いのでは?
でも火災保険て結構、色々な災害をカバーしています。

保険にもよりますが、うちの加入している「住宅総合火災保険」だとこんな内容の補償でした。

竜巻、台風、風害、雹害、豪雨・洪水などの水害(床下浸水・床上浸水)、土砂崩れ(地滑り、がけ崩れ、土石流)、高潮など。
他に盗難や、ケガまで費用が出る場合もあります。

各ご家庭の火災保険の約款など、ご確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

家が壊れたら、まず写真を撮っておきましょう

家が壊れてしまったら、片付ける前にまず写真を撮っておきましょう。
火災保険の請求に、写真が必要です。

もしも吹き飛んでしまって何も無くなった!知らなくて片付けてしまった!
という場合には、元の状態が写っている過去の写真も役立ちます。

家の写真ってあまり撮らないと思うのですが、
背景に写っている部分でも元の状態を見るために使えたりします。
家の写真は、これからたまに撮っておかれると良いです。
少し心に留めていただければと思いました。

コメント