91才で独り暮らしの父〜配食弁当が嫌になってからの生活

こちらのつづきになります
>>高齢な父が配食を断りデイサービス休む事態に!

91才の父が老健(介護老人保健施設)から退所して1ヶ月が経ちました。

日々の雑多な事を自分でこなす体力はないのに心だけは強気な父。
先日は「お弁当の宅配」を断ってしまいました。
1日2回届いて、生存確認も兼ねていたんです。

宅配弁当

お味はすごく良かったですが、うんざり飽きてしまったのでしょう。
それでスーパーに行こうとしたら、思った様に歩けなくて数メートルで戻ってきたそうです。

うすうす予測はしていたけれど、やはりこんな事になりました。

父の泣き言が始まり困っています。
>>高齢で独り暮らしの父の依存心が重荷です

結局、姉と私で実家の食品を補給しています。

猛暑で自分たちの買い物もままならないのに、実家の食料品の補充が大変です。

冷凍食品

パン、パックご飯、レトルトおかゆ、缶詰、冷凍食品、即席みそ汁、卵、ウインナー、ヨーグルト、お肉、飲物(麦茶や緑茶)などを買っています。

冷凍食品はチャーハン、焼きおにぎり、ギョーザ、中華丼の具、牛丼の具、ピラフを実家の冷凍庫にストックしました。

スポンサーリンク

買い物は生協の宅配を再開することにした

姉と私も、いつも元気と言うわけではないので、生協の個人宅配を再開することにしました。

自分で選べば文句も言えないし、デイサービスのお食事のありがたさも解ると思います。

今までお世話になっていた病院や老健の食事の文句ばかり言い、ステーキ肉やすき焼き用のお肉をリクエストされましたが、目の前に出さないとそのままになる。

「自分で出来る!」「頼らないからもう放っておいて」
威勢が良いのは口ばかりなんですよ。

老健では自宅に帰りたい一心で完食していましたが、今では食べる量も減り40キロを切りそうです。
高齢者は栄養が吸収されにくく、高カロリーな食事でも痩せてしまうそうなのです。

私は週末に泊まっているのですが、父のリクエストですき焼きや肉じゃがを作る事が多いです。

宅配はトイレットペーパーなどの生活用品も頼めるので助かります!
 ↓ ↓ ↓ 

デイサービスを週3日に増やすことにした

デイサービス(入所していた老健と別の施設)は体調の悪い日に1度休みましたが、順調に通ってくれています。

レクリエーションにも参加して、塗り絵や折り紙もしてくるのでビックリです!

絶対嫌がると思っていた父が、楽しそうにデイサービスの話をしてくれます。

お誕生日に相当チヤホヤされたようです♪

デイサービスに行ってくれると私達も安心なので、この際1日増やして週3日にすることにしました。

送迎バスを降りる時、手を振り合う顔なじみも出来たそうで良かったです。

折り紙(父の作品を実家の壁に貼りました)

1番大変な事は父の願いをくじくこと

父が帰宅して1番大変なのは、父の願いをできないと断ること。
つまり「父の願いをくじくこと」と感じています。

父の願望は次から次に湧いてきて凄いのです!
ポジティブというか、呑気というか、ボケてるのかよく解りません。

【91才父の願いはこんなこと】

(1)バスの年間パスポートの期限が切れるので更新したい

生活が成り立ってないのにバスに乗る事を考えるな・・という感じです。

姉が「バスに乗ってどこに行きたいの?」と言うと「そんなのおれの勝手だ!」と父がキレました。

その父に私がキレて、キレッキレ返しの5分後に父は諦め書類を捨てました。
「みみこに叱られるのは嫌だ」とつぶやき、父は疲れて寝てしまいました。

でも言い出してしまって引っ込みがつかず、出来ないところを見られるより内心ホッとしたかも知れません。

私は父の表情が何となくそんな風に思えるのです。

(2)インターネットでAmazonしたい

→買いたい物はニコンのミラーレスカメラ
※これ8月23日に詳細が発表され、まだ発売されていません。
ズームレンズも欲しいので、本体と交換レンズが欲しいのだと思います。

買ってあげようかな・・という気持ちが瞬間わきますが、父のパソコンが古いので撮ったデータの落とし込みなど、いちいち面倒な事になりそうで悩みます。

→買いたい物はドリップコーヒー
リピート用のはがきを出して代金引換で買えば良いことにしました。
いつまでたってもしないので聞いたら忘れていたみたいです。

→買いたい物は圧力鍋
誰が料理するんでしょう・・
実はこれ、我慢出来ずにテレビショッピングで買ってしまいました。
今度スープでも作ってみようと思います。

(3)皆さんに自分が帰宅したお知らせを出したい
皆さんて誰?と確かめるとこの世の人は2人だけでした。
お手紙書けば出してあげると言いましたが、デパートから何か送るとかド派手なことをしたい様です。

そこまでのお付き合いが続いていないし、返って迷惑、それは必要ないとなだめました。

スポンサーリンク

今後は訪問診療に切り替えることにした

担当医に脳のMRIを取ってもらうよう頼んだのですがダメでした。
でも訪問診療に切り替える紹介を受け、その段取りが進みました。

病院に連れて行くのも大変なので良かったです。
薬も2週ごとに届けてくれるそうです。

父は非課税世帯なので、訪問診療の費用は上限8000円でストップするのですって。

今出来ることをあれこれやっているうちに、神様が助けてくれないかなぁ・・と思っています。

このお話の続きはこちらです
>>91才の父が奮起〜デイサービスもショートステイも行く気になってる理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 朝顔 より:

    こんばんは。
    デイに、頑張って通われてますね。
    食事なんですよね、後は生存確認。
    ショートステイを、叔父も行ってますが
    長期です。
    お父さん、嫌と言うでしょうね。
    姉妹で大変になった時は、ショートステを
    考えてもいいですね。
    訪問医療で、脳も診てもらうんですね。
    年齢てきな脳だと思いますよ。
    衰弱していかないかが、私は心配ですね。
    体重も減ってますしね。
    ハンズメッセや、Takashimayaで
    気分転換されて下さいね。
    頑張らないように、出来る範囲で。

    • みみこ より:

      朝顔さんへ
      こんにちは。
      変な言動は薬の副作用かも知れないので、薬を変えて様子をみることになりました。
      お医者様は問診で、MRI必要なしと解るみたいです。
      食事を毎回目の前に出せれば、もう少し体力もつくのかも知れませんが
      親の介護が中途半端で悩みます。
      私もぼちぼち父にショートステイの提案をしております。
      でも要介護が下がると利用出来なくなるし
      しかも定期的に使われている方で先の予約までいっぱいだそうなんです。
      最近はお出かけすると、私こんな事してて良いのかな?と心苦しく
      セールなんか来て何やってんだろ?と思ってしまいます。
      そんな中、朝顔さんのお言葉に救われました。
      このタイミングでケアマネの資格を持った旧友から声かけがあり、
      今日は姉に任せてランチ行くことになりました。
      いつもコメント本当にありがとうございます。