循環観光バスるーぷる仙台に乗る〜GWの混雑すごかった!

こちらの続きです >>仙台の「利休」中央通り店で牛たん定食

仙台2日目は、9時頃ホテルを出てるーぷる仙台で青葉城へ向かいました。

るーぷる仙台とは仙台の主な観光スポットを循環するレトロなバスです。
バスは一周70分でまわっています。

るーぷる仙台に乗る

仙台駅の乗り場で「るーぷる仙台一日乗車券」620円を購入しました。

宿泊した三井ガーデンホテル仙台でも購入出来るそうです。“"

るーぷる仙台一日乗車券
1回乗車260円なので3回乗ると元がとれますが、私達は結局2度しか利用出来ず損しました。

仙台の始発が9時、終バスが夕方4時出発なのです。

私達はじっくり見るタイプなので7時間でどのくらい回れるかと言えば微妙なところです。

しかもこの日はもう東京に帰るので4時には仙台駅にもどってこなくちゃ。

最初は三井ガーデンホテル仙台の近く「広瀬通駅」バス停から観光スタートしたかったのですが、そちらのバス停の発車時刻は何と10時過ぎ!

「広瀬通駅」バス停は仙台駅の1個手前になり、このバス停では仙台を9時に出発したバスが戻って来るのを待つことになります・・

るーぷる仙台路線図

時間がもったいないので「仙台駅」まで歩く事にしました。
運行は15分〜20間隔なので駅まで行けば乗れるはず!

詳しくはこちらをどうぞ
>>るーぷる仙台
“"

GWは特に混んでいたのかも知れませんが、お子さん連れやお年寄りには少し過酷な混雑でした。

でも「瑞鳳殿前」(ずいほうでんまえ)で大勢の方が降り、9時半位に「仙台城跡」に到着したら皆さん降りてしまいバスは空っぽ状態。

るーぷる仙台バス

ところが昼過ぎには、また皆が移動するので「仙台城跡」のバス停が長蛇の列になりました!

私達は1つ手前の「博物館・国際センター前」からの乗車だったので、その様子をバスの中から見てビックリしてしまいました。

列の後ろの方は次のバスを待たないと無理だったのではないでしょうか。
土・日・祝日はいつもこんな感じなのか、GWは特別混んだのかはよくわかりません。

車内は座席が少なく、後ろは手すりコーナーになっています。

ループルバス車内

仙台城跡で長蛇の列でしたら1つ手前のバス停「博物館・国際センター前」で乗ってしまうのが良いかと思います。

私達は「仙台城跡」の観光のあとに、下り坂でゆっくり歩いて15分位の博物館に行き、そこからるーぷるに乗ったのでラッキーでした。

車内にいれば仙台城跡で降りる方が多いので座れる確立も高いです。

席があいて座れたので車窓からゆっくりと町並みを見ながら仙台まで戻りました。

混雑する中、立っている方とは雲泥の差で申し訳ない位でした。
少しでも参考になると良いです。

東北旅行記をまとめています
>>東北~花巻,仙台旅行記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク