看取りはない回復してきたから転院か施設か自宅へ帰れってさ!

こちらのつづきです
>>看取りはない転院か施設か帰宅せよって?医者とソーシャルワーカーのねじれ現象に不安

先週の医者の説明では看取ってくださるというお話でしたが、やっぱりダメですと。

>>父の入院3週間〜担当医からの説明に驚く

本日、姉の方に連絡があり
父は回復してきたから退院してくださいですって。

もう笑っちゃいます。
「長くはないと思います」からの回復ですか。

そんなことじゃないかなぁ・・とうすうす思っていましたよ。

ただもう、どうしたら良いか、わからないだけ。

有料老人ホームも自宅付近は満室ばかりで、少し僻地に行かないと見つからない。

さぁ、どうしよう。

呼ばれたので近々また病院行ってきます。
どうせ出ろ出ろともう一押しされるのだわ。

高齢者が入院するとみんなこの道通るのですね。

いつまで行ったり来たりするんだろ。
いつになったら解放されるんだろ。

父の回復を喜べない心情は
たぶん私の一生分の恥じゃないかな。
いつか自分に返ってくるのでしょう。

父のお話をまとめています
>>独り暮らしで高齢な父が入院した後のできごと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ユーミン より:

    こんばんは。
    私の父が救急車で入院した時も、このまま亡くなるか、もしくは歩けなくなります。
    と、医師に言われました。
    覚悟をしろと言う事なのかと、思ってましたが、
    ほんとに?
    の気持ちもありました。
    案の定、どんどん回復して
    パーキンソン病の一番悪い部類にいると言われた父が、
    2週間たった時の所見では、ごく軽いパーキンソンとの事でした。
    そして、退院への矢の催促がはじまりました。
    なんだかなあ。
    どの病院もそんなもんなんですかね~

    • みみこ より:

      ユーミンさんへ
      こんにちは。
      うちも同じ流れです、そうですか〜(涙)
      親の回復が喜べないってひどい私ですが凄いストレスです。
      うちも有料老人ホーム見つけるしかないかなぁ。
      余命がわからないから経済面で不安です。
      コメントありがとうございます。
      何だかユーミンさんの体験を追いかけていますね。