六本木ヒルズ森美術館で展覧会観ました

先日、六本木ヒルズの森美術館におでかけしました。

チケットがあると友人に誘われ「六本木クロッシング2016展」を観ました。

チケット「六本木クロッシング」

映像作品やオブジェや絵画などありアーチストの探究心を色んな形で表現していました。

くわしい情報はこちらです
>>「六本木クロッシング2016展」森美術館のページへ

私達の時代にはアートって言ったら絵画(イラスト)や写真のイメージ。

だからオブジェや映像表現の何か奇妙な世界を見るのは新鮮な出来事でした!

絵画の作品は今までに観た事のない斬新さがあり見応えを感じました。

例えば上のチケットの1番下に見える劇画みたいな絵は壁1面の大きさで大迫力。
ずっと観ていても飽きないものでした。

でもオブジェや映像は友人の解説をきいたら「ふ〜ん、そうかぁ」と思うのですが直感的には、自分ついていけてない感じでした。

正直よくわかんなかったんです・・・

そんな調子で観て出てきたら「美少女戦士セーラームーン展」も開催中でした。

月に代わってお仕置きよ!ってやつですね。

同じチケットで入れるので見てきました。

セーラームーンロゴ

くわしくはこちらです
>>「美少女戦士セーラームーン展」の公式サイトへ

こちらは無条件でみなさん気軽に楽しまれている感じでした。
セーラームーンのショップをはじめ平日でもすごく賑わっていました。

限定品は一人◯点とか決まっているものもあり、入り口に完売のお知らせのボードもでていましたよ。

原画がすごくきれいだったです〜。

あと撮影可能スポットがあり人が群がっていました。

セーラームーン展示

主題曲がかかっていましたが、あれはセーラームーンの曲だったのですね!

私すごく良いテンポの新しい演歌と思っていました。

だって何となく口ずさめますよね♪

うちの娘はがっつりセーラームーン年代なのに全く興味なかったみたいです。

だから何も知らなくて友人に不思議がられてしまいました。

「なかよし」に連載されていたそうですよね。
うちは「りぼん」派だったんですよ〜。きっとそのせい。

友人は魔法のステッキとか見て

「これも、これも、うちにある〜!」

とか興奮していました。

ん〜、わからんけどこのフギュアは大きくてとても奇麗でした。

セーラームーン大きなフィギュア

だけど私達(おばさん3人組)ときたら
「わぁ〜、きれい〜、ステキ〜!」うっとり・・・ってんじゃなくて

「金かかってんな〜!」で意気投合。

心根の汚れた者にとりましては月の光でも眩し過ぎたのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク