喪主ではなく近隣組織が葬儀を取り仕切る「むら社会」とはなんぜよ!

スポンサーリンク

内容的にはこちらのつづきとなります
>>義母の貯金残高100万円で足りる?夫の実家にお金を使いたくない!

義母が昏睡状態で、すぐにでも夫の実家に行ける様仕度しているところなんです。

そんな時に非常識なことを書いてしまいます。
だって書かないと苦しい(涙)

スポンサーリンク

夫の実家への散財が心配です

義母の貯金残高が少ないので、この先の散財がとても心配なんです。

夫の兄弟関係にはこれまで貯金をたくさん流してきました。
もう私達の貯金を削りたくないんです。

とは言え、親の入院費、葬儀代、知らん顔はできないですよね。

うちの両親の様に、一日葬でお金をかけずに送る方法もあるのに!

一日葬については別ブログに書いています
>>一日葬とはどんな葬儀なのでしょう?

でも田舎の冠婚葬祭って信じがたい事に、喪主が葬儀を取り仕切れないんですよ。
うっそ〜!って感じですが、これホント。

その上メチャクチャ見栄をはるのです。

飲み食いが朝昼晩と何日も続くのです。
亡くなった人の家に朝食、昼食、夕食を食べに来るんですよ、信じられます?
(仕度をするのは近隣の方々なのですが、最後の日はその逆になり家族が振る舞います)

いい加減にしろよっ!ってスリッパをにぎって戦いたくなります。
何かもう戦国時代・・

嫁の立場で「金、金」って言えないし、どうしたもんでしょう。

ここまで書いたら、ダンナがゆうちょ銀行行くって。
やっぱり貯金おろすのかーい!(涙)

つづきます
>>「むら社会」のしきたりが急展開!

コメント