圧力鍋で簡単・適当でも美味しい煮豚の作り方

昨日の記事で食べていた私の煮豚の作り方をご紹介します。
「ヴィタメールのチョコレートで煮豚の宴会になる」

日頃からカレーやシチューには圧力鍋を使っています。
今回も圧力鍋で作り、煮豚は25分でものすごく柔らかかった!

25分というのは圧力鍋にしては長い時間なので柔らかいの当たり前ですかね。
(カレーやシチューの時のお肉は5分以内の事が多いです)

まずお肉をフライパンで色がつくまで焼きます。

フォークなどで表面を刺しておくと味がしみやすくなるそうです。
私は面倒でやった事がありません。

豚肉

圧力鍋に、家にある香草っぽいものをテキトーに入れます。
長ネギの青い所や玉ねぎ、セロリなど最適です。

ショウガのすりおろしとニンニクはつぶして3〜4片入れました。
こんなの分量はいつもテキトーで、その日の材料次第です。
何となく同じような味に仕上がるのが不思議です。

圧力鍋
みりん・酒・しょうゆを同じ分量。
水をその倍以上入れて鍋に入れたお肉がひたひたになる位に調節します。
砂糖と今回はリッチに蜂蜜を大さじ1ほど入れました。
(大さじで計っていません。見た目です)

お肉は汁から少し頭が見えてる位でも大丈夫です。
これが私のお伝えできるレシピなんです。
適当すぎてぜんぜん解んないでしょ。
(こんな風に生きている事が楽しいです)

とにかく全部入れて圧力鍋を30分にセット。
鍋がシュルシュルいってきたら弱火にして放っておけば良いです。

あれ?さっきは25分て言いましたかしら?
そうだ、このシュルシュルがうるさいから残り5分で火を止めたのでした。

温かいうちに切るとボロボロくずれます。

冷めてから切って盛りつけ、残った汁をフライパンなどで煮詰めてかけたら出来上がり。
端のくずれたところが、見た目はあれですが美味しいんだこれが。

煮豚盛りつけ

残った汁は使う分だけ煮詰めれば時間も早いです。
私はもう1度煮卵を漬けようと思って残しておきました。

煮卵を作ったあとは更にこのタレで、ジャガ芋を煮ようと思ってます!

多めに作って2枚ずつラップで包んで冷凍しました。
ラーメンやチャーハンに使おうと思いましたが、息子が来たので全部持たせた〜!

煮豚個装

ブロック4本分の煮豚はめでたく2日で完売。
自分の口に入ったのはたったの3枚でした (´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク