旅館の予約して嬉しいけど激安で心配です

ダンナがどこか行こうって言い出して温泉を予約してくれました。
パートを辞めたからダンナの都合に合わせれば出られるんだった。

次男がアパート暮らしでブラック的な働き方して元気がなくて心配です。
家を出て行った長男は会社に泊まると言って帰って来ないし。

孫保育は相変わらず疲れるけど娘は大雑把で気遣いなし。

独りになった父は目をぶつけて視力がちょっと大変なことに。
その父はアマゾン買いが止まらずヨドバシでも何か買った様子。

いろいろグチグチ言ってるのはストレスたまってきた証拠かな。

パートしてた時は日々のくだらない事も、おばさん同士で声に出して会話していた分ストレスを感じませんでした。

関節リウマチも良い日があったり痛んだりで羽のばしたいです。

ああ〜!羽のばしたい〜!

だけどダンナが見つけてくれた所は安過ぎて大丈夫かな?

ダンナはお泊まりも海側でなく街側の部屋選ぶ。
それで2人で1泊6000円も浮くのです。

その分美味しいものを食べさせてくれるそうです。
これが自営業ボーナスなしの労働者の節約術です。

景色は昼間の観光で見たり、ロビーから眺めれば良いですね。

なんだか解んないけど行ってきますね。

うれしいな。

ボロボロじゃないと良いけど、そういう思い出も過去に2つ位ありまして。

出発日はまだ先なのですが、何か生きてる張り合いが出た。
ちょっとオーバーですが、うれしくてしょうがありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク