「虫展〜デザインのお手本」21_21 DESIGN SIGHTに行きました

スポンサーリンク

こちらの続きです
>>サントリー美術館メンバーズ・クラブに入会しました【特典ご紹介】

六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTの企画展「虫展」を観てきました。

公式ホームページはこちらです
>>21_21 DESIGN SIGHT

21_21 DESIGN SIGHTは日常的な出来事や物事に目を向け様々な発見や提案を行う『デザインの拠点』という考えから生まれた施設です。

今回の企画展「虫展」も、まさに身の回りの小さな虫の世界での出来事を、人間世界の「ものづくり」に置き換えてみた!という興味深いものでした。

スポンサーリンク

「虫展 〜デザインのお手本」は虫嫌いの主婦でも楽しめた!

私は正直、虫が苦手です。
気持ち悪いのがないと良いな〜と思ったら、いきなり巨大なオブジェが出迎えてくれました!

うおぉ!でも動かないからセーフ・・

映画「スターシップトゥルーパーズ」を思い出してしまったわ。
さて巨大な毛深い足はどなたのでしょう。

何とこの「シロモンクモゾウムシ」の足を700倍にしたものだそうです。

私のお肌を700倍にしたらもっとエグい事でしょう。
まさか顔ダニとかいないでしょうね!

もうやだ〜

つづきまして、こちらカブトムシの標本です。
ですがこの羽ってよく甲の中に納まってますよね?
カブトムシが飛んだだけでパニックになる私でも、そこは興味津津です!

その構造を落とし込んだロボット的なオブジェがありました。
パタパタっと羽が出たり納まったり、何度も見入ってしまいました。

そしてこちらは何ですかね?
身近にあるもので巣を作るトビケラの巣だそうです。

身近にあるもので巣を作るのだわよ。
人間もやってみました!って感じの作品がありました。
テントの様な大きい巣です。

「髪の毛とナッツの殻」から出来ていて、非情に強度が高いそうです。
最初は船が逆さになってるのかと思いました。

私達がトビケラだったら、こんなのを作っていたのかも知れませんね。

映像作品は楽しく美しかった

映像作品が繰り返し上映されています。
下から触覚が出てきたり、グルッと回ったり、巨大なカマキリも〜!!

ドキュメンタリー的な動画ではないのでグロい感じではなく楽しかったです。

ところで21_21 DESIGN SIGHTって何て呼べば良いの?

さてここまで書いてきましたが、21_21 DESIGN SIGHTって何て呼べば良いのでしょうか。
当初のコンセプトでは各国の母国語で親しんで!という事で、決定はされなかったそうです。

ただ日本でも(ニーイチ・ニーイチ)ではなく(トゥーワン・トゥーワン)で定着しているみたいです。
六本木は外人だらけで、各国語が飛び交っておりますしね。

何様って言われそうな主婦の感想

「虫展 〜デザインのお手本」は虫嫌いの私も楽しめた素敵な企画展でした。

ただ建物は安藤忠雄さんの設計なんですが、この建築の8割が地下です。
そこが気に入らないってか〜っていうお婆ちゃんの感想です。
展示スペースはいきなり階段、床には鋭角なスペースがありトークショーなどは説明者に対して、座席が逆テーパーになっていました。
前列が幅広で後列に行く程、細い逆三角形ということです。
私にとりましては、なんだこの自体は?!という位の残念なスペースなのですが、一方でデザインには既存概念を打ち破るパワーは必要と感じています。
ただ普通の仕事にはユニバーサルデザインやバリアフリーが求められるのに、何で超有名デザイナーだとこれが認められるのかなぁ・・と不思議です。
一部の有名デザイナーのコンセプトが、求める者たちの目的や心地よさを折り畳んでいる気がするのですが考え過ぎかな。
私何様なんでしょう。

21_21 DESIGN SIGHTの企画展「虫展」は、11月4日までと長い開催期間となっています。
機会がございましたら是非どうぞ。

公式ホームページはこちらです
>>21_21 DESIGN SIGHT

たまにはアートで癒されたい!
私ふだんはこんな生活しております。
>>「二世帯同居問題」一覧

大人のお出かけ記事もよろしかったらどうぞ
>>「50〜60代のおでかけ」一覧

コメント

  1. アマリリス より:

    みみこさん、こんにちわ。美術館の記事ありがとうございます。解説付きみたいで、行ってみたいなと思いました。

    安藤忠雄さんの建物、確かに!私も不満です。人間にやさしくない。ですよね~。

    わが町、姫路には、安藤忠雄さんの作品がいくつもありますが、その中でも
    「こどものやかた」という、子供向けの施設があるんですね。コンクリート打ちっぱなしの!これが、駐車場からコンクリート坂道をえっちらおっちら登っていくわけですよ。15年ほど前の私も、小さい子供の手をつないで、片方ではベビーカーを押しながら・・。雨の日なんぞ、この無駄な仕組みが地獄のように感じられましたね。そして建物まで辿り着くまでには手すりもない道を通らなければいけない仕組みなんですが、途中流れる滝?水たまり?みたいなところがあって、うちの息子はそこにドボン!と落ちたこともありましたね。

    「こどものやかた」なんだから、こどもにやさしくあってほしいわあ。って安藤さんって子供さんを育てたことなのかしら?って思っちゃいました。

    • みみこ より:

      アマリリスさんへ
      こんにちは。
      建物これで良いのか!?が、あるあるなんですよねえ。
      設計保育園に死角が多かったり、角ばっていてケガしたり。
      「危ないものをよけながら培われる成長がある」というのも
      理屈では解るけど、公共施設では机上の空論で困ってしまったみたいです。
      それでもすごいお金が流れるから世界的有名デザイナーって強い。
      安藤忠雄さんファンにたたかれるのでは?とビクビクですが、、
      コメントありがとうございました♪
      猛暑が続きますね、気をつけて過ごしましょう。

  2. 黒猫 より:

    暑中お見舞い申し上げます
    いきなり酷暑の毎日で、暑い中のお出かけが億劫 みみこさんのブログ拝見して私も行った気分⁈です
    東京は小さな美術館やギャラリーが沢山あっていいですね〜❤️息子が東京に居た時の事色々思い出しました 世田谷区(中野区寄り)のアパートに居たのであの界隈や、吉祥寺、渋谷、新宿、 若い人の行くところ中心でしたけど〜
    熱中症に気を付けて楽しんで下さいね!
    畑仕事で腕が日焼けしちゃってシミが怖い黒猫でした〜

    • みみこ より:

      黒猫さんへ
      暑中お見舞い申し上げます。
      暑いですね〜!農作業お疲れさまです。
      私もシミが気になりますが、
      塗ったものが汗だくで一気に落ちてます!(怖)
      この陽気での街歩きは命取りなので
      駅構内から施設に入れる所にお出かけしたいです。
      お互い気をつけて過ごしましょう。
      コメントありがとうございます♪