仙台博物館の伊達政宗の鎧兜はいつでも見られるわけじゃなかった!

仙台旅行をして無事帰ってまいりました。
青葉城跡と仙台博物館と街歩きを楽しんできました。

ところが伊達政宗の鎧兜って仙台博物館でも年中公開されている物ではないのですね!

私、仙台博物館所蔵となっていたので、行けば見られるとばかり思いこんでいました。

見つからないので係の方にお聞きしたら重要文化財なので期間を決めて公開しているそうです。

(特別展のチラシです)

date_00

伊達政宗の鎧兜、今年は1番早く見られるのは8月だそうです。

「伊達政宗の鎧兜」平成29年の公開予定
8月3日〜20日
10月7日〜11月27日(特別展で展示)
12月19日〜12月27日

鎧兜だけでなく、他にもたくさんの重要文化財があり、それぞれ公開期間が決められています。

詳しくはこちらをごらんください
>>仙台市博物館(主な収蔵資料の展示スケジュール)

今回は水玉模様の陣羽織が展示されており、完璧な和製ポップのデザインに驚かされました!

(博物館ホームページの画像をお借りしました)

水玉の陣羽織
色や刺繍部分など見応えがあり、やはり来て良かったです!

ゴールデンウィークなのに、混雑もなくじっくり見る事ができました。

仙台駅からは「るーぷる仙台」という観光地をめぐるシティバスがあり、博物館は4つ目の停留所になります。

私達(ダンナと2人です)はもう1つ進んだ青葉城跡を先に観光してから、徒歩で博物館に行きました。

下り坂をゆっくり歩いて15分程で博物館の裏手に到着することができました。

他のお話はまたゆっくり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク