実家の相続登記は全部でいくら?〜司法書士さん手数料以外の諸費用

実家の相続登記が終わりました。
この記事のつづきです

>>相続登記に必要な書類はこちらでした

司法書士さんにお願いしたら、1週間程で姉の家に書類一式が届きました。

司法書士さんの手数料は5万円位と聞いていたのですが、実際は4万円ほどで済みました。

書類がある程度揃っており問題なく完了できたのだと思います。

しかしそれ以外に「登録免許税」っていうのがあり、そちらの方が高かった!

実家の相続登記にかかった費用は全部でいくらだったのでしょう?

スポンサーリンク

実家の相続登記にかかった合計金額

実家は東京郊外の30坪くらいの戸建てで、姉と2人で半分ずつの相続になります。

司法書士さんは、義兄が以前お世話になった事があり、感じが良かったということで今回もお願いすることになりました。

最初は市の無料相談でお会いしたのがきっかけだそうです。

この方に頼んで相続登記にかかった費用は、合計106,000円(消費税8%込)でした。

戸籍謄本等の書類や、土地家屋の図面などお渡しした上での金額です。

相続者の書類を揃えたり、土地建物の現地調査が必要な場合には、もっと費用がかさんでいくのだと思います。

スポンサーリンク

相続登記の費用内訳

相続登記では司法書士さんの報酬の他に、登録免許税・印紙税などがかかりました。

費用内訳はこちらです。

種別 司法書士の報酬額 登録免許税,印紙税
所有権移転   31,910   59,800
相続関係説明図   4,750   0
登記事項証明書送付請求3通   2,400   1,440
電子閲覧   1,500   1,005
評価証明書◯◯市   0   750
住居表示実施証明書◯◯市    0   0
値引き   -750   0
小計   39,820   62,995
合計   102,815  
消費税   3,185  
請求額   106,000  

750円の値引きうれしいです。
106,000円は姉が事務所に伺い現金で支払いました。

事務的な事も一つ進むごとにお金が出ますね。

まだ親のタンス貯金でやれてるから良いけれど・・

実家はやはり売却処分しかないかぁ、と思うと正直寂しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク