旅行記〜「アンダリゾート伊豆高原」本館バリ風洋室メゾネットタイプに宿泊しました

こちらのつづきです
>>伊豆旅行記〜「アンダリゾート伊豆高原」フロントの様子とチェックインまで

「アンダリゾート伊豆高原」の本館バリ風洋室メゾネットタイプのお部屋に宿泊しました。

息子にもらったAチケット招待券で予約時にツインを希望したらこちらのお部屋になりました。

スポンサーリンク

本館バリ風洋室メゾネットタイプ39㎡のお部屋

アンダリゾートバリ風洋室

メゾネットタイプの部屋でしたが、夫婦2人なのでロフトは使うことがありませんでした。

洋室と言ってもベッドではなく、1段高くなったスペースに布団が敷いてあります。

滞在中の布団の上げ下げはありませんので、ダラダラとゆっくりくつろげました。

アンダリゾートバリ風洋室上から

クローゼット、ドレッサー、テレビ台などが木調でアジアンな雰囲気。
金庫や冷蔵庫も木調家具の中に収納されていました。

ベランダに木製のテーブルとチェアがありお花も飾られていました。
でもこの日は雨で出られず残念!

アンダリゾートのベランダ
トイレとバスは一般的な洋風ホテルと同じ感じです。
お風呂は大浴場に行き使いませんでした。

トイレの蓋に取っ手が付いているのが珍しいと思いました。

アンダリゾートのトイレ“"

部屋にあったもの、アメニティなど

冷蔵庫にはビールとウーロン茶が2缶ずつと2ℓのペットボトルのお水が1本入っていました。

こちらはサービスだそうで、早くもプシュッ!としてしまいました。

ビールとおつまみ

お水は何で2ℓもの大きいペットボトル?って思いましたが、
滞在中にお茶を入れたり、冷たいまま飲んだりして少し残った位でした。

湯沸かしポットと、ぐり茶、コーヒー、ハーブティーなどがありました。

アンダリゾートのお茶

チェックイン時にフロント横で作務衣を選びます。

紺・ピンク・茶・あさぎ色があり、ダンナは紺で私はあさぎ色にしました。

男女兼用でS〜LL、キッズ用とサイズは豊富でした。

アンダリゾート作務衣

ホテル内はこの作務衣で歩き回って大丈夫です。

部屋にサンダルとカゴバッグがあり、こちらも温泉やホテル内の移動に便利でした。

アンダリゾートのサンダル

カゴバッグにバスタオルや着替えを入れて大浴場に持って行きました。

アンダリゾートのカゴバッグ

ドレッサーに普通のドライヤーとクルクルドライヤーがありました。

ドライヤー

バスルーム洗面台の端に、歯ブラシ、コットン&綿棒、ヘアゴム、ひげ剃り、基礎化粧品がありました。

アンダリゾートのアメニティ

メイク落とし、洗顔、保湿化粧水、美容液のセットです。

アンダリゾートのアメニティ化粧品

女性に優しいセットですよね。

他に気になる小物入れを発見。なにかしら?

トイレの小物入れ

あ〜、やはりナプキンでした!
私関係ない・・・(笑)

小物入れの中にナプキン

部屋のお掃除は行き届いていてきれいでした。

ロフトも上がってみたらピカピカ。

アンダリゾートのロフト
ただ壁が薄いんでしょうか。
隣室からの声が少し聞こえるのが気になりました。

ダンナはたぶん気付いていないと思います。

私は寝床が違うと眠れないタチ。
2泊目は疲れて寝てしまいますが、1泊目はどうもダメです。

今まで1泊でも1番良い眠りができたのは横浜ロイヤルパークホテルです。
私あそこは不思議に良く眠れるのです。
なので4面全部泊まりました。

また行きたい!

話がそれましたね、
「アンダリゾート伊豆高原」のお食事の様子はまた次回で失礼します。

つづきはこちらです
>>「アンダリゾート伊豆高原」のお食事(ディナータイム)リポート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク