歯科治療は続く〜差し歯が仮歯(かりば)で食事が疲れる

スポンサーリンク

歯医者さんに3回目行きました。
差し歯がはずれてそのまま付けてもらったのをきっかけに真面目に通ってます。

60代で歯茎が痩せてしまい、差し歯の根元が合わないので、この際治す事にしたんです。

スポンサーリンク

差し歯は利用できず作り直しだった

前回外れた所は、歯科医がその場で少し調整して良い感じになったんですよ。

なので今治療している差し歯もそんな感じでするのかなぁ〜と勝手に思ってしまいました。
でもそうではなかったです!

差し歯を外すには削らなくてはならず、今までのは使えないって事でした。
なので作り直しってことですね。

2度目はチューインガムみたいなので型を取って、3回目は削って外し仮歯になりました。

スポンサーリンク

昔より仮歯のレベルが上がってて驚いた

その仮歯の見た目のレベルが高くて驚きました。
他の歯との違和感がなくて、仮歯のよそよそしさがゼロです。
(マスク生活なので見る人もいませんが)

しかしやはりいつもの様には噛めません。

一気に食べ方がオバアさんになり、茶碗1杯のご飯で疲れます。

今まで早食いすぎたので、身体には良いのかも知れないわ。
ダイエットになると良いです。

治療は痛くはないのですが、痛い気がしちゃって本当に怖い。

タオルをぎゅっとにぎって、もっと過酷な事を考え、
「歯科治療なんて幸せだから出来るんだ」と自己暗示をかけています。

最後まで頑張ろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村のランキングを見る
応援よろしくお願いします♪

お金の話をまとめています
よろしかったらこちらもどうぞ
>>「家計管理・お金」一覧

コメント