60代お金の整理〜今後必要なお金はいくら?

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>60代で遺産相続お金の整理〜資産公開!うちに一体いくらあるの?

実家を売却した遺産が入り、お金の整理を始めました。
家にあるお金を計算したら、自分でも驚く金額になっていました。

スポンサーリンク

お金がいくらあれば安心なのか!?

2020年のうちの財産はこの金額になります。

7月末の預金残高 1,8555,000
生命保険の解約金 夫 4,975,000
生命保険の解約金 私 3,990,000
中小企業共済 夫 7,500,000
中小企業共済 私 3,300,000
コープ共済積立金 121,000
合計 38,441,000

合計 38,441,000円

この金額、ホントにあるの?なんて・・
63才で本当にバカすぎるけれど驚いています!

だってつい先日までは、
生命保険も共済も年金も、
私にとっては「支払いを死守するお金」でしかなかったんですよ。

そのことを辞めたり、解約したりしたら、老後が成り立たない・・ってばかりの恐怖しかありませんでした。

その理由は「夫の遺族年金をもらえない」身分だからです。

あとはコロナの影響もありますが、自営業の資金繰りが大きな不安要素です。
解りやすく言うと、給料が出ていないって状況であります。

会社勤めならば、給料が出ないなんてありえないでしょう?

つい先日は口座引落しの通帳が枯れ、定期預金をくずして補填しました。
>>収入がなく通帳が枯れたので定期預金を解約して補填した〜!

あと2年!早く年金が欲しいです。
そんな私の老後生活が成り立つのかどうか、引き続き整理してみました。

スポンサーリンク

今後必要になるお金を考えてみた

今後必要になるかも知れないお金を考えてみました。

墓じまいの費用50万

墓じまいの話は姉との言い合いで終わってます。
>>墓じまいは率先してやりたくない

でも実行するとしたら費用を半分出す予定で、姉が言うには30〜40万だとか。
私はもっとかかると思っていますが、暫定的に予算50万。

夫婦の葬儀費用 140万

家族葬で良いと思っています。
ダンナ80万、私60万位かな。

夫婦の介護費用 400万

想像もつきませんが、どちらかが動ければギリギリまで家にいる感じです。
父の時は、老健や病院を行ったり来たりで年間80万位かかりました。
介護期間ばかりは解らず、とりあえず予算400万。

家の修理 200万

娘家族との同居を機に水回りのリフォームをしたので、
今後修理が必要になるとしたら「雨漏り」が起こった時でしょうか。
予算200万位。

歯科の費用 50万

今は特に異常ないのですが、歯茎がやせてきましたので予算はとっておきたいです。
金額はどの位予算すれば良いかよく解りません。
暫定的に予算50万。

冠婚葬祭の費用 20万

・法事 夫の実家関係 
・予定はないが出産祝い 
・予定はないが新築祝い

あまり大きいことはしたくないです。
生活費から補填できない場合の予備費として20万位。

スポンサーリンク

まとめるといくらになるでしょう?

墓じまい 500,000
夫婦の葬儀費用 1,400,000
夫婦の介護費用 4,000,000
家の修理 2,000,000
歯科費用 500,000
冠婚葬祭費 200,000
合計 8,600,000

今後必要になるお金をまとめると
合計8,600,000円でした。

スポンサーリンク

とっておく必要経費は結局いくら?

今後必要かと思うお金は、全額すぐに必要というわけでないので、
普通預金には300〜350万位で良いのだろうかと、ぼやっと思ってます。

他はどうしておけば良いのやら。

増やす考えは、知恵が伴いません。
投資とか全然解らないし、仮想通貨とかムリです!

ですが普通預金の利率0.001%って、やる気をなくす数字ですね。

ネット銀行は利率が良く魅力的ですが自分に管理できるのか不安です。
パスワードとかいっぱい覚えないとダメですか?

時代について行けないわぁ、と悩んでいます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村のランキングを見る
応援よろしくお願いします♪

コメント