2017オンワードグループ夏のファミリーセール初日行ってきました!

オンワードグループ夏のファミリーセール

オンワードブランドが一挙に見られるオンワード樫山の社員販売が始まりました。
2017夏オンワードファミリーセールに出かけてきました。

場所は東京ビッグサイト。
会期は2回に分かれており、頑張って初日に行ってみました。

【第1週】6/24(土)〜6/25(日)
【第2週】7/1(土)〜7/2(日)

オンワードの社員販売は入館証が必要ですが縁あっていただいています。

チケットの事を書いています
>>
オンワードファミリーセール入館証・私がもらった経緯

初めてモバイルカードで入館してみました!

前回のファミリーセールでモバイルカードの登録をしておきました。
会場内で登録の受付をしています。

モバイルカードで入場するメリットは、住所などの記入が不要な事です。
うちにくる入館証には情報が打ち込まれてくるのですが、興味津々でやってみました。

モバイルカードの入館場所は誰もいなくてポカンとスペースが空いている感じ。
すんなり通り抜けてやっターという気分です♪

モバイルカードのバーコードをスキャンすることもなく、係の方が黙視しただけでした。

オンワードでお買い物をして「オンワードメンバーズ」に登録すると「各種イベントにご招待します」となっています。

そのイベントの中に「ファミリーセール」も含まれるのかどうかは不明ですが、この日の人の多さを見ると、そういう方々も来てるのかなぁ〜と想像してしまいました。

実際のところは解りません。

初日の会場内の様子、午後3時まで混雑変わらず

オンワードの社員販売セールの初日の様子です。

11時半位にりんかい線の「国際展示場駅」に着きましたが、人が多い多い!

昨年と同じく就活イベントも催されていました。

就活イベントの看板

セール会場は私の行った中では過去最高な混雑でした!

今までで1番混んでいた気がします!
給料日の後だしボーナスも出るしという景気が良い方が集まっているのでしょうか?

私なんぞ何となく場違いな感じまでしてきました。
先日の年金相談でちょっと元気を失っております。
>>「年金相談」でサラリーマンの妻の年金に驚愕!今更ブルー

第1弾の試着ピークが昼から始まっています!
試着室は30分待ちの列でした。
って、結局なんか買おうとしてるよねぇ。
これがセールの恐ろしさですね。

人の多さにうんざりして中でゆっくり休憩し3時半頃までいたのですが、試着室の状況は変わりませんでした。

今までは3時過ぎると人は減り、すぐに試着出来るのですがこんなの初めてです。

オンワードは公式通販にもスペシャルプライスがあります

オンワードのセールは入館証が手に入りにくいので、記事にしても申し訳ない気持ちがわいてきます。

でも公式通販オンワードクローゼットをまめにチェックすると、ファミリーセールよりも安いときがあります。

私がファミリーセールで買った服がもっと安くなってしまった事もあります。

>>
オンワードのファミリーセールより安くなってる!

大きいサイズ・小さいサイズも見つけやすいです。

>>社販より安いセールに〈大きい・小さいサイズ〉もありました!

オンワードクローゼットはこちらからどうぞ 。
↓ ↓ ↓
公式通販オンワード・クローゼットオンワード・クローゼット

セールのページがすぐ見たい方はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓
オンワードのセール

今回も休憩所にはサンドイッチやお弁当、たいやき、肉まん屋さんなどがならんでいました。
>>オンワードファミリーセールはお店が並んでお祭り気分

休憩所で服を選り分ける方が多いので、その横に選り分けコーナーみたいなテーブルが設置されました。

前回もあったと思うのですが、買わないものを返品出来るボックスが置かれています。

私はほとんど自分で売り場に返品しましたが、このボックスの中から見つけている方も多く、すごくバーゲンセールっていう雰囲気になっていましたよ!

オンワードセール

今回は自由区の新作が欲しかったのですがキッパリあきらめることに。

16800円の3割引ですもの・・オンワードの服は高いのが悩みです。

本気でこんなことも考えたりして♪
>>ファミリーセールだけじゃない!オンワード商品を割引価格で買う方法8つ

自由区は売り場に戻し、少しお安い普段着的なのをゲットしてきました。
そのお話はまたこんど♪

オンワードクローゼットご覧になる方はこちらからどうぞ 。
↓ ↓ ↓
公式通販オンワード・クローゼットオンワード・クローゼット

セールのページがすぐ見たい方はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓
オンワードのセール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク