訳あって離脱した友人グループと8年ぶりに会った

スポンサーリンク

50代後半から途絶えてしまった友人グループに会ったお話です。

出会ったきっかけは子ども達のパパ友、ママ友の関係でした。
子ども達が大人になっても、親世代夫婦で旅行や飲み会などしていたのです。

でも途中から何だか付き合い辛くなり、うちは離脱した感じになっていました。

スポンサーリンク

友人と決別した2つの引っかかる出来事

どこか日帰り観光に行った帰りでした。
電車の中で公務員のAさんが、次の観光予定を決めようと、日程を調整し始めたんです。

街歩きして美味しいものを食べ、夜は飲み会っていう予定日です。

そんなに頻繁にレジャーできません!

え〜、もう次の予定ですか?
そんなにつるまなくても良いじゃん。
正直そう思っちゃったのです。

ですが他3家族はすぐに返事ができました。
皆さん公的な関係のお仕事なんです。

うちは「行けたらいきます」
みたいな盛り上がらない返事になりました。

するとこの返事に納得してもらえず、
「いつなら大丈夫なのか先に言ってください。それで調整するから」
なんてしつこく言われてしまったのです。

そしてもう1軒は大工さん。

やはり仕事の状況にもよるので
「皆さんで決めて、うちらが行けなくてもどうぞ」
ってお返事になったのです。

するとAさんが
「私達だって休みをやり繰りしているのに、そういう気がないのは失礼だわ」

なんて怒ってしまったのです。

イラッとした私は彼女に何かを言い返しました。
(良く覚えていません・・汗)

たぶん有給が調整できる公務員と我々を一緒にしないでくれ、行きたい人で行けば良いじゃんみたいな事を言ったのでしょう。

周囲の男性達にまぁまぁ、と制止され、彼女は泣いてしまいました。

私も可愛く泣けば良かったです。

スポンサーリンク

友人が清掃パートするってダメですか

しばらくしたある日。

このグループでの飲み会で、清掃パートすることを話しました。

するとAさんがこう言ったのです。
「え〜ヤダぁ・・そんな仕事、自分の身内や友人や関わりのある誰にもやって欲しくない」

もうこの言葉で(住む世界が違うな)って感じました。

こちらにも書いています
>>寿司パートを辞めて清掃パートに出たいきさつ

それから何となく集まりを断わる様になり、声がかからなくなり、8年も過ぎたのです。

ですがこの度、あるイベントで、私達がいる場所に皆で会いにきてくれました。

この8年をタイムスリップしたように懐かしく、お互いの状況はかなり変わっていました。
1番変わってないのは自営業の我々2軒で、その事に驚愕しました。

この世の中、会社員が1番スタンダードな立ち位置でしょうか。
それに合わせて行動できない私達は、我が儘な変わり者と映るのも仕方ありません。

今回、皆に合えて良かったです。

だけど50代後半からの8年間の変わり様ってすごい。
またつづきをお話ししますね。

こちらに書きました
>>高齢者といわれる歳だけど私達はこれからだ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村のランキングを見る
応援よろしくお願いします♪

お金の話をまとめています
よろしかったらこちらもどうぞ
>>「家計管理・お金」一覧

コメント