娘夫婦と同居して大変なのは実の娘だった〜同居4ヶ月の感想

娘夫婦と孫2人(6才、1才)との同居生活が4ヶ月経ちました。

引っ越してきたその日から家事は倍増。
>>娘夫婦と同居開始!目はくぼみ白髪で老けたの巻

しかし4月から娘の職場復帰と、孫の入学・入園があり生活リズムが少しずつ出来ていきました。

この調子で暮らせれば良いな〜と思っていたらトラブル勃発。
>>たかがカレーでトラブル、やっぱり同居って難しい!

波瀾万丈な日々を送っています。
娘一家との同居で思うことを振り返りました。

スポンサーリンク

孫の病時保育は致し方ないと思っている

5月は孫2人分の病時保育が2週間におよびました。
学校や保育園や住まい、新しい環境で子どもも疲れることでしょう。

子どもをそのまま寝かせておけるから、同居のメリットは大きいですよね。

私にしても娘家で孫保育するよりも楽と言えば楽です。

しかし孫1人の時より疲労感が大きく、私もついにダウン、ずっと調子悪いです。

でも病時保育は、今後も親の都合がつかない部分は助けてやりたいと思っています。

私自身、寂しい家庭で育ちました。
病気の子どもに心細い思いをさせたくないです。

共働き夫婦の子育てサポートのモチベーションはガタ落ち

同居してから私の共働き夫婦サポートのやる気がガタ落ちしました。

やはり娘のやっていることが目に見えてしまうからだと思います。

(本当に大変そうだから、私も手をかそう!)

という気が起こらなくなっちゃったんですよ。

自分の娘ながらビックリする程、段取りルーズ・・

子ども達より早く起きて、ご飯の仕度をすることがないです。

後かたづけも率先してすることがないです。

休みの日はご飯を作りたくないそうですが、平日も作ってないじゃん。

外で仕事するってそんなに偉いのか?!という怒りがフツフツと湧いてしまいます。

スポンサーリンク

思えば娘はそういう人物だった

娘に対するこの嫌悪感を、ひさびさ思い出したのです。

思えば娘はずっとこんな人物で、親の私がどうあがいても常識的な家事マナーみたいなことを教育できなかったのでした。

あのまんまの娘が帰ってきたのでした!

!!(;゚ロ゚ノ)ノ

例えば片付けが終わったシンクに、使ったコップをポンと置きます。
「自分で洗っちゃいなさい」と言っても聞きません。

次に飲む時には別のコップを使って、またポンと置きます。
「それを誰が洗うの?」と言っても知らん顔。

部屋の引出しを何カ所も引いたままで服が垂れ下がっています。

床にも色々と散乱。

息子2人もトバッチリをくわないように姉を遠巻きにしていたのでした。

結婚後も大変だったらしいが丸ごと愛されている

娘婿のゴリ君と上記のことを初めて話したのです。

「片付けられない、段取りが悪い」

実はそのことで結婚後に娘が大泣きする位言い合ったそうです。

それで、もしかしたら本当に頑張っても出来ないのかも?
脳科学的にひとと違うのかも?

と思ったそうです。
(私はただのぐうたらだと思っているのですが)

「だったらそれを丸ごと受け入れるしかない!」

ゴリ君はそう思って考えを変えたそうです。

「こちら側が浸食されない様に防御する」

エイリアンか!?(笑)

なので娘の使う部屋は、ある程度ほかのひとが立ち入る場所にして、本人のプライドを保てる程度の散らかしに抑制しているのですって。

(確かに洗濯干しを毎日する部屋を割り振っています)

母になったのでこれでも少しはマシになっているのです。

結局放っておくのが良い

朝食

人はどこかで変わるものと思っていたのですが娘は違ったのですね。

ゴリ君に出会えて良かったよねえ。
子ども達のことをきちんとしてくれるから良いのですと。

きちんとしてないって思うけど・・
>>娘夫婦と同居2ヶ月の感想〜我が家の朝食風景

もう知らんわ。

「おばあちゃんちのご飯すごいね〜」と言う孫。
今までなに食べてたんだろ。

まぁ、朝食はいっぱい食べてよ。

それでもって、私としては
今後はコメントからいただいたこの言葉をモットーにしていきたいと思っています。

「干渉しない、甘え過ぎない、程よい距離が必要」

これ本当ですね。
大きく書いて貼付けたいわー!

長々とすみません。

これからもどうぞお見守りください。

同居のお話をまとめています
>>「 二世帯同居問題 」 一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク