空き屋古家の売却で調査を受けたらその場で不合格だった〜(涙)

スポンサーリンク

実家の古家が「耐震基準適合証明書」の検査に落ちました

空き屋になった実家を「古家として売却スタート」しようとしてます。
少しでも売りやすい条件を整えたい!ってことで家屋調査を受けました。

しかし!
その場で不合格だった〜(涙)

やっぱりね・・な感じなのですが、築35年の古家はもう土地だけの価値ですかね。

実家の「耐震基準適合証明書」はなぜもらえなかったのでしょう。

将来どなたのお家にも関係してくる問題かも知れないです。
どうぞ私の体験談をお聞きくださいね。

スポンサーリンク

「耐震基準適合証明書」ってなに?それがあるとどうなるの?

新築住宅を購入する時に「住宅ローン減税」があるって言う事は、何となくご存知ではないでしょうか。

それが中古住宅の購入でも、ある条件を満たせば受けられるのです。
「耐震基準適合証明書」はその1つです。

今回それが発行してもらえないという診断がされたので、実家を買ってくださる方の「住宅ローン減税」が適用されません。

「住宅ローン減税」とは、住宅を購入したら、住宅ローン残高の1%が10年間所得税から控除される制度です。

詳しくは国税局のホームページでご覧ください
>>中古住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)

これが適合されないってことは、実家の物件購入による税制上のメリットがないってことです。

スポンサーリンク

実家の「耐震基準適合証明書」が不合格でもらえなかった理由

実家空き屋の「耐震基準適合証明書」不合格になった理由は
「増築による間取り変更」が原因でした。

増築した時に一部壁を抜いたことがアダになった様です。

抜いたところには柱も残っています。
大工さんがうまいことオシャレにまとめてると思うのですが。

50代後半に見える一級建築士の検査員の方は、

しっかりしたお家で、増築も良い仕事と思うのですが
壁の状態になっていないので・・すみません!

ってことでした。

補強してもダメですか?

ガッツ君が食い下がりましたが
やっぱりダメでした〜

 

実家売却の流れを書いています
>>【体験メモ】築35年の空き屋になった実家を売却するまで

コメント