実家の残置物撤去を業者に依頼しました〜家の様子と費用はいくら?

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>古本の宅配買取いくらになった?

物であふれた実家を片付けてきましたが、自力での片付けは終りがない。
どこかで見切りをつけなくちゃ、と残置物撤去の業者に依頼しました。

実家の今の様子と、これからかかる撤去費用について書いています。
とうとう業者さんに家を空っぽにしてもらいます!
スポンサーリンク

終りがない残置物処理を業者に依頼した

自力で片付け続けたところで、姉夫婦から感謝もされず泣きたいです。
片付けはもう辞めた!

次に進まなければ心が腐るのでしっかりしなくちゃ。
残置物処理を、見積もりした業者さんに依頼しました。

相見積もりのお話を書いています
>>残置物撤去処分の見積もりはいくら?

まずは実家の現況をどうぞご覧ください。

実家の様子〜ここに写っている物は全撤去します

業者が入れば、その日で実家は空っぽですね。

電子レンジはピカピカに磨いてリサイクルショップに1000円で売れました。
オーブントースターは値がつかなかったので、元の場所に戻して撤収してもらいます。

だからもうやめなさいってば!(涙)

大きなお皿は、誰も引き取り手がいません。

やっぱりもったいないので、この日も少し持ち帰る私。
別の食器を捨てなくてはダメかもね・・

なにやってるんだよう。

脱衣所はシャンプーや洗剤、殺虫剤の山でした。
古いシャンプーは持ち帰って使ってみたら泡が立たなかった〜

スポンサーリンク

90才の仕事部屋も閉店ガラガラします

2階は父の仕事部屋と和室、物置程度の洋室があります。
父は90才まで自室で仕事して、Amazonで色んな物を買っちゃって大変だった。

ネット詐欺にもやられたっけ
>>高齢な父がネット詐欺にひっかかるの巻

その仕事場がこちらです。

ビフォーですわ。

そしてアフター。

引出しの中を空っぽにしたり、パソコンはハードディスクを取り出し穴あけ処理。

あの時のプリンタはもらっておきました
>>父に中古プリンターをAmazonから送るの巻

和室の書は知り合いのお坊さんので買取1000円だそうです。安っ!

この本棚はこれでおしまい。
全部要らない。もう疲れました。

タンスの引出しは、空っぽになりました。

タンス自体は買取してくれると思ったらならなかった。
今どき和ダンスは必要ないですものね。

反対側の押し入れに布団がたくさん入っています。
写真にない廊下や、庭の隅やゴチャゴチャな場もあります。

外回りのブロックやバケツ人工芝、エアコン取り外し、物置解体、ベランダの竿、ブラインドカーテン取り外し、絨毯、ゴザ、等々あとは残置物撤去の業者さんに頼みました。

お宝鑑定団に頼む様なものは何もないです。

そうだ。

金歯があったけど、歯がついてて気持ち悪い。(笑)
とりあえず持ってきたけれど、どうしたら良いのでしょう。

スポンサーリンク

残置物撤去・処分費用はいくら?

以上の内容の残置物撤去処理費用は、税込34万。
見積もりの後に片付けた分もあるので、少しおまけしてもらいました。

妥当、というか良心的じゃないかな。
姉に伝えて父の残金から揃えておいてもらう事になりました。

来週末には実家が空っぽになるのだわ。

今の気持ちは「ひたすら鉄になって自分ガンバレ」って感じです。
どうぞお見守りください。

実家をたたむまでを記録しています
>>【体験メモ】築35年の空き屋になった実家を売却するまで

コメント