日本年金機構から緑の封筒(年金請求書)が届いた

スポンサーリンク

緑の封筒(年金請求書)はいつ届くのでしょう?

日本年金機構から緑の封筒が届きました。
届いたのは年金をもらえるようになる歳のお誕生日の3ヶ月前です。

緑の封筒は年金受給資格が発生するお誕生月の、3ヶ月前に届くことになっているのです。
ポストに届くので気をつけていましょう。

中身は19ページもある冊子状の年金請求書と、チラシが3種類同封されていました。
これに記入して年金事務所に提出して初めて年金が受け取れる様になるのです。

年金の封筒

厚生年金の受給開始年齢は生まれ年や男女で違う

生まれ年や男女により厚生年金の受給開始年齢がちがいます。
私は夫と同じ歳なので、同時にもらえると思っていたら間違いでした。

夫には緑の封筒が届かないので変だなぁと思っていたら、こういう事だったのです。

こちらに詳しく書いています
>>年金を受け取りの開始年齢って男女で違うのをご存知ですか?

年金は男女とも65才からの受給開始になる予定で、今はその調整期間なのですね。

スポンサーリンク

緑の封筒が届いたらどうしたら良いの?

銀行などで社会保険労務士さんの相談会がある

年金請求の書類は、じっくり読まないと分からないし、頭が痛くなりそうです。

どうしようと思っていたら、私が口座を持っている2カ所の銀行から電話がありました。

年金相談会があって、年金のことを色々教えてくれるんだそうです。
この書類を持って行けば、記入も助けてくれるそうです。

すごいですねぇ・・どこかで見てたのかと思うタイミングですよね。
でも毎月そういう人がいるから、向こうは同じ業務を果たしているだけですね。

わたし大口預金者でもないし、銀行から電話なんて滅多にありません。
なのでこうお聞きしました。

「厚生年金といっても年に6万くらいだし、勧誘されても貯金できないし、お宅の銀行で受け取るかどうかわからないし、それでも相談できるんですか?」

とウダウダと言ったら

「大丈夫ですよ〜!お気楽に是非どうぞ」ですって。

なので相談会に申し込みました。
相談に乗る方は銀行員さんではなく、社会保険労務士さんだそうです。

社会保険労務士さんのお仕事は

複雑な年金制度をどなたにも分かりやすく説明し、ご自身の年金についてご理解いただき、必要に応じ各種の事務手続をお手伝いすること

だそうです。
私はゆうちょ銀行の年金相談を申し込みました。

こちらに書いています
>>ゆうちょ銀行の「年金相談」申し込みました

年金の記事をまとめています
>>年金の請求・受給

コメント