実家が不動産売却のポータルサイトに掲載された今の気持ち

スポンサーリンク

数日前から実家が不動産売却のポータルサイトに載りました。
はたして買ってくれる人が現れるでしょうか。

スポンサーリンク

実家を売ってお金が入ったら嬉しいのか解らない

不動産は公示価格とか基本になる価格はあるけれど、近隣の環境や周囲の物件よりお得感があるかどうかの値段で決まるのだと思います。

そしていつまでも売れないと値段を下げてゆくのでしょう。
不動産の値段って、100万、200万単位で下げるのです。

最後はいくらになるか解らないけれど姉と分けて終りです。
諸経費引いて700〜900万に分けられれば、良いところみたいです。

もうその話は「なし」だけれど700万なら、保険を解約したりすれば作れそうなので、姉に払って実家を売りたくはないです。
まだ言ってるのかって話ですが、心の声は仕方ないよね。

半分ずつ相続した実家の空き屋不動産を姉から買取るのは無理だった
姉と空き屋になった実家を半分ずつ相続したのですが、今はもう「実家は売却するしかない」と諦めました。 姉から実家を買取る...

実家をこんな風に「売りたたいてしまって良いのかなぁ」とつらいです。

実家が売れて、お金が入れば嬉しいのか解らないので、その日がきたらまた感想を書きます。

スポンサーリンク

でもきっと贅沢な悩みなのだと思う

気持ちが沈みますが、ものは考えようですね。
こんな風に自分を言い聞かせています。

60代で実家じまいが出来た
親が借金を残さなかった
老老介護にならなかった

この3つは、本当に贅沢なことで、
そう思うと少し元気が出ます。

実家じまいのお話をまとめています
>>【体験メモ】築35年の空き屋になった実家を売却するまで

コメント