土地境界線の塀〜隣の敷地に入らずに塀は建つ?ビフォーアフター公開

スポンサーリンク

こちらのつづきです
>>旅行から帰ったら隣家との塀がなくてビックリ!

うちの承諾なしに隣家のドナ子が工事を始めたブロック塀+アルミフェンスのお話です。

工事が終了し隣の境界線ギリギリに塀が建ちました。
何とその高さ2m60cm!

高い塀

我が家の日照は関係ないし、ドナ子家の窓がふさがり顔が会う事がないのはラッキーです。

スポンサーリンク

境界線の塀の工事は隣の敷地に立ち入らずにできる?

ところで塀の工事って、隣の敷地に入らずに施行側だけから出来るものなんでしょうか?

結論から言って、ドナ子のお知らせにあった
〝塀の工事を自分の敷地内だけで行う〟というのは不可能でした。

塀の工事は両側からの作業が必要でした!

その理由はこちらです。

塀の基礎やブロックには左官的な仕上げが必要

ブロックの目地の部分やコンクリートの基礎部分などで、左官的な仕上げが必要です。それはやはり両側から作業しないと無理なのです。

塀の撤去

敷地への養生は不可欠だった

敷地の養生も絶対に必要です!
古い塀の撤去では、ブロックの欠片も飛び散り埃もすごい。

最初に養生をしなかったせいで、停めていた自転車が埃だらけで頭にきちゃいました。
「なんで養生しないんですか?」
「うちの方は養生するなって言われてるんですか!」
なんて大工さんに声を荒げちゃったんです。

〝何かあったら作業員に言わず自分(ドナ子)に言ってきてください〟
というお知らせがポストに入ってましたが高慢だわぁ。
これドナ子に言いに来いって事でしょうか?

でも大工さんは「すぐやります!」というお返事でした。

スポンサーリンク

ドナ子に依頼をされた大工さんとうちとの関係

そんなことがありダンナが大工さんと直接やりとりしました。

「業者としてうちに対する説明はきちんとして、通常作業のやるべき事をやって欲しい」
「入る時はひと言挨拶してほしい」
と要求しました。

これ以降、大工さんとうちとの関係は悪くなかったです。

養生もすぐに施され、工事は朝に大工さんが挨拶や作業内容の説明にみえて着々と進みました。

うちの敷地で大工さんが作業をする様子を、ドナ子はどんな気持ちで見ていたのでしょうか。

スポンサーリンク

業者さんもドナ子に多少違和感を感じている様子

大工さんはドナ子に聞かれない様に、声を殺してご挨拶されることもあり苦笑い。
業者さんもドナ子には多少違和感を感じている様子でした。

だって普通なら考えられません!
色々な嫌がらせグッズを片付けもしないで、この業者と打ち合わせしてたんです。

立ち入り禁止の黄色いテープも、ワラ人形も、変な幕も、誰でもこれを見たら違和感しかないと思います。

禁止テープ

わら人形

それで「これは工事までに片付けておきます!」って言われても、
あ、この人ヤバいかもって思いませんか。

スポンサーリンク

塀のビフォーアフター

ドナ子が塀を乗りこえて張った立ち入り禁止テープ。

黄色いテープ

工事完了。
びっちり囲ってくれてありがとうという感じです。

右下のラティスは室外機の風を防ぐためと、立ち入り禁止テープがあまりにも感じ悪いので立てました。

ブロック塀

ブロックの空気穴もなくなったので、隣の室外機の風に吹かれることもなくなりました。

ドナ子とは一切関わりなく終わってホッとしています。
皆さんにもご心配いただきありがとうございました。

次回から一旦非公開にした記事を、加筆しながら再投稿いたします。
この日がきて良かったです・・

こちらです
>>うちの塀、うちの土地だから!と怒鳴り込まれた話

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村のランキングを見る
応援よろしくお願いします♪

同居のお話をまとめています。
よろしかったらこちらもどうぞ
>>「二世帯同居問題」一覧

コメント

  1. ことりんご より:

    業者さんはおかしいと思ってらしたでしょうね。

    いろんなお客様を見てるでしょうし中には変な人絶対いますよ。
    その中でも群を抜いてドナ子がおかしかったでしょうね。

    でもみみこさん、これでホッとされてんじゃないですか?
    良かったですね。

    ご心労、お察しいたします。

    • みみこ より:

      ことりんごさんへ
      こんにちは。
      はい、ホッとしました。
      一時は弁護士さんにお願いしないとダメかな?と
      思いましたが、奈良から帰宅してからこの様な感じに納まりました。
      最初から工事を承諾しても同じ結果だったのかも知れませんが
      ドナ子の代理人弁護士にもたたみこまれず
      塀の乗りこえで警察を呼んだことでも、
      今後なめられることはないかな?と思っています。
      コメントありがとうございました。